ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、日本からの最長ルート、東京→ニューヨークのビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券取得を主目的としています。初ビジネスクラスは2002年成田-ロサンゼルス線。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

クレジットカードでマイルを貯めていたころの話

自己紹介

「はてな」では初めまして、ルカです。

 

2004年ごろからseesaaで日記ブログを書いていましたが、ANAマイルとマイルを使った旅行計画のカテゴリだけをこちらに引っ越すことにしました。

引っ越すといっても、古い記事はリライトしつつ、ゆっくり移行していこうと思っています。

 

マイルを貯めたけど、実際に航空券にできるの?

航空券以外の手配はどうなるの?という、検索してきてくださった皆様の疑問に対する参考に少しでもなるなら幸いです。

 

初めてのビジネスクラス

 

北米には昔、母が住んでいて、私も1990年頃からノースウエストやユナイテッドの格安航空券で行っていました。

会社の先輩後輩とLA&ラスベガスを女子旅したときはエアー&ホテルのツアーを利用。

 

その後初めてマイルを使ってビジネスクラスのお席に座ったのは2002年です。

衝撃でした。いつも長く辛く感じた国際線の空の旅が一変したといっても過言ではありませんでした。

 

今では考えられませんが、当時はゲット運賃というゾーンペックスの格安運賃にアップグレードが非常に少ないマイルで使えたのです。

たしか成田⇔ロサンゼルス往復10万しなかった航空券。

 

2004年にも同じルート・同じ航空券で片道だけアップグレードしました。

 

翌年2005年からはエコ割でも20万円弱のチケットからしかアップグレードできなくなったので、その後はアップグレードではなく、最初からビジネスクラスの特典航空券をゲットする目標に転換しました。

 

陸マイラーとしてANAマイルを貯め始めた

 

最初はJALカードからスタートしました。

 

1997年~    

イタリアにJAL直行便で行ったことがきっかけでJAL・JCBカードを作りました。

国際線で使うほどのマイルはたまらず、国内線とJALホテル券がせいぜい。

 

2000年~    

ANA・郵貯JCBカードを作る。

その後、ワイドゴールドカードに切り替え。

改悪前のJCBはボーナスもすべてマイルに出来、キャッシュバック有の商品券購入など、美味しいキャンペーンが目白押しでした。

 

2008年~    

一度は却下されたダイナースカードの審査が通り、持っているだけで満足。まだこの時点ではANAワイドゴールドカードがメイン。

ポイント期限とANAマイル期限の管理に結構気を遣う日々。この年初めてニューヨークへビジネスクラス往復を獲得。

 

2010年~    

大量マイル獲得のキャンペーンがダイナースであったことがきっかけで、決済をダイナースに移行し始めました。

たしか50万円決済で5万ポイント(=5万マイル)。

ブラウン管テレビが色がほとんどでなくなり、テレビを大型液晶に買い替えてあっさりクリア。

ダイナースのポイントは期限無し。

ポイント計算も簡単で、ボーナスポイントもすべて100%マイルに移せます。ANAマイルへの年8万マイルの移行制限だけがネックなのですが、JCBに比べて管理はずいぶん楽になりました。

 

2011年~    

1年たたないうちにダイナース・プレミアムから黒い封筒に入ったブラックカードのオファーが届きました。

我が家は普通の年収の家庭なので、何かのキャンペーンだったのかもしれません。

よく聞く、高ステータスの人に届くというのは間違いだと思います。

使い方は美術品の購入や2度目のニューヨーク旅行のホテル決済・ちょっといいレストランの利用などだったので、見た目はセレブっぽいカード明細となっていたのかもしれません(笑)

同じころ、JCBからもANAプレミアムのオファーが届きました。

ダイナース・プレミアムの受領を返した直後だったため、こちらは泣く泣く却下。

 

ダイナース・プレミアムは普通の買い物でもすべて2%ポイントがたまります。

ダイナースモールも利用すればさらにポイントアップ。

このころから年10万マイルたまるようになりました。

しかし昨年、最大の失敗をやらかしました。続きは次回。