ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、日本からの最長ルート、東京→ニューヨークのビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券取得を主目的としています。初ビジネスクラスは2002年成田-ロサンゼルス線。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ヒルトン福岡シーホークのお部屋選びのチェックポイント

先週、今年3回目のヒルトン福岡シーホークに宿泊してきました。
福岡のヒルトンは海に対して垂直に建っています。
f:id:lucamileagelife:20170824010032j:plain
webによる事前チェックインや当日ホテルで実際にチェックインする際、どういうリクエストをしたら最適な部屋になるか、眺望、部屋のカテゴリ、アップグレードなど、いつものように独断と偏見の考察をしてみようと思います。


INDEX

アップグレードされやすい部屋カテゴリ

昨年までは予約した部屋がヒルトンダブル(1ベッド)でも、eチェックインでは2ベッドのツインから選べたりしました。
なので、当初の予約でダブルのほうがツインより安いから、ダブルで予約→実際は2ベッドに泊まることが可能でした。
今年から、それができなくなっています
1ベッドで予約すると、eチェックインで選べるお部屋も1ベッドのみ。
そうなると、必然的に部屋や階数が決まってくることになります。

ヒルトン福岡の客室タイプは上を目指せばシンデレラスイートとかいろいろあるのですが、そこは現実離れしたお値段。
比較的、庶民でも手の届く”普通の”スイートまでの、部屋カテゴリは以下の通り。

1bed 2bed
ヒルトンダブル ヒルトンツイン
デラックスツイン
ツインプレミアム
エグゼクティブキング エグゼクティブツイン
エグゼクティブデラックスツイン
エグゼクティブスイートキング エグゼクティブスイートツイン

パノラミックスイートは1Bedですが、値段的にはスイート相当ですね。
スイートのオファーがあるときは一緒に選択肢が出てきた場合があります。

ヒルトンダブルとエグゼクティブキングの間のランクの部屋が無い

1bedの場合、最安のヒルトンダブルの次がエグゼクティブキングになるので、特にエグゼクティブフロアが混雑している福岡の土日は、有償のアップグレードさえ出てこないことが多いです。
いったん有償でデラックスにして、そこから無償のアップグレード、という技が使えないことに!

ツインは細かく刻んでいけるのでおススメ!

最初からエグゼクティブフロアが予約できるなら一番いいのですが、夏休みの土曜日、ヒルトンダブルでさえ5万円するような日はより少ない予算でより快適な部屋を狙うなら、ツインのほうが少ない予算で有償アップもあるので良い、という現状です。(たぶん)

ダブルは低層階に配置されていることが多い

さらに最安のダブルルームは低層階に主に配置されています。
ダブルの時の候補階↓
f:id:lucamileagelife:20170825005034p:plain
低層階は1フロアあたりの部屋数が多い!
f:id:lucamileagelife:20170825005159p:plain
先月泊まった時の予約はツインプレミアムでした、候補に出てきた部屋の階層は21~29階でした。
ツインプレミアムとは、ツインのデラックスルームにカクテルタイムのラウンジアクセスがついたもの。部屋はデラックスルームと同じです。

夏の暑さ対策

日が昇ったとたんに朝日がふんだんにあたるドーム側がやはり暑いそうです。
タワー側は西日があたりますが、比較すればそこまで暑くないみたい。
それと窓が大きいほどやはり暑いので、デラックスタイプでも先端近くの横に長くなる部屋は眺望は素晴らしいですが夏は暑いです。
部屋が広いと冷房も効きにくく、逆に狭いほうが良い、となります。

眺めの良い部屋にするには

どの時間帯をどこで過ごすかが重要です。
エグゼクティブフロアに泊まり、ラウンジで過ごすことが多いなら、エグゼクティブラウンジはドーム側なので部屋はタワー側のほうが良いです。
糸島に沈む夕陽も大変美しいし、福岡タワーのイルミネーションは見てて飽きません。
夏の青い海も綺麗です。
f:id:lucamileagelife:20170825014016j:plain
逆に朝日を見てみたい、ドームで野球やライブがあるからもしかしたら屋根開閉があるかも?など、ドームを眺めたい、会場の様子を上からチェックしたい、などではドーム側がベスト。
f:id:lucamileagelife:20170825014339j:plain
私も主に野球観戦目的で来ていた初期はドーム側をリクエストしていました。
運がよければ野球の後、花火の排煙を抜くために短時間ですが屋根があくことがあります。
f:id:lucamileagelife:20170825014505j:plain

しかしドーム側に宿泊する場合、注意が必要な点があります。
このホテルは一部、ビュッフェや結婚式ドームのあるガラス張りの屋根がかかってしまう階層があります。
f:id:lucamileagelife:20170825012909j:plain
8~15階くらいかな?と思うのですが、特にドーム側の低層階は窓から見えるのが建物の屋根、となるので、要注意です。
f:id:lucamileagelife:20170825011022j:plain
これは9階のパノラミックスイートの部屋の寝室側から見たビュー。建物の屋根が半分以上かかっているうえに、日が当たらないせいか湿気で窓が結露して外がほとんど見えなかったのです(;'∀')

今回宿泊したのはエグゼクティブキング

今回は前日全くアップグレードが無い状態でしたが、放置して待っていると、宿泊日の午前10時ごろにエグゼクティブキングの部屋がアサインされていました。
f:id:lucamileagelife:20170825013806j:plain
毎回、部屋がどうなるか気になるので、アップグレードを期待せず、最初からエグゼクティブルームを予約できればいいのですが、特に今年の4月から、ポイント&マネーも割高になり、何より土曜の客室料金が以前よりも高くなったのが残念です。