ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、日本からの最長ルート、東京→ニューヨークのビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券取得を主目的としています。初ビジネスクラスは2002年成田-ロサンゼルス線。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ヒルトン名古屋のプレミアムエグゼクティブルーム宿泊記

先月、ナゴヤドームで行われた中日地元最終戦、広島が対戦相手だったので、ずいぶん前から遠征計画をたてていました。ナゴド観戦は今年で3回目、ホテルも毎年同じヒルトン名古屋です。

f:id:lucamileagelife:20171012025244j:plain
チケットは親のコネにて年間指定席のプラチナシート。なんと1席771,500円のシーズンシートです。
最終戦ということで、ホルダーの方の息子さんが保管していたそうですが、それを親御さんが取り戻し、ビール券まで付けて広島まで送ってきてくださいました。恐縮です・・。


INDEX

名古屋駅からのアクセス

ナゴヤドームで行われる中日vs広島戦は9月24日。
その前日の9月23日はマツダスタジアムで試合があり、チケットも駐車券も用意していましたが、レストランウィークで名古屋のレストランを予約したこともあり、すべて人に譲って名古屋入りしました。

f:id:lucamileagelife:20171013022155j:plain

名古屋駅からヒルトン名古屋までは1.4km程度。
荷物が何もなければ歩けない距離でもありませんが、新幹線で到着したら、タクシー利用が賢明です。
何度か利用しましたが、料金は最安770円。高くてもほぼ千円以内です。

f:id:lucamileagelife:20171013023539j:plain
駅の東側(ヒルトン側)は「桜通口」で、新幹線は逆側の「太閤通口」が近いのですが、構内を歩いて桜通口に出るとタクシー乗り場があります。
名古屋特有のタクシーチケットが使えるタクシーと使えないタクシー会社があるため、タクシー乗り場の係の人がチケットの有無を確認しながら乗客を案内してくれます。

実は桜通口を出て少し左に歩いて信号を渡ったところに、ヒルトン行きの無料シャトルバス乗り場があります。
http://www.hiltonnagoya.com/pdf/access/shuttle_bus_pickuppoint.pdf

f:id:lucamileagelife:20171013024515j:plain

結構詳しく場所が書いてあるのが改訂版!おととし初めて利用したとき、あまりにも乗降場所がわかりづらく、たぶん同じような経験をした人から苦情殺到したのだと思われます。看板はヒルトンの看板ではなく、「自転車の看板」が目印です(笑)
f:id:lucamileagelife:20171014030835j:plain

時刻表はこちらです。
http://www.hiltonnagoya.com/pdf/access/bus-schedule.pdf

シャトルバスは時間があえば無料だし、タクシー乗り場からもそう遠くない乗降場所です。ただし、乗車定員が8人と少ないんです。
最初に利用したとき、12人くらい待っていたのでどうするのかなと思っていたら、シャトルバスの運転手が車を放置し、逃走、じゃなく、流しのタクシーを必要台数捕まえてバスの後ろに停車させ(乗り場が一方通行のため、タクシーが回り込むまで結構な時間がかかります)、乗客を何人かタクシーに振り分けて出発です。当然荷物の積み込みがあるやら、グループ分けで悩むやらで、ホテルに着いたのはバスの待ち時間もふくめ、新幹線を降りてから40分以上経っていました。
それ以来、新幹線到着時はバス利用していません。

最寄り駅までのアクセス

最寄り駅は地下鉄東山線の伏見駅になります。
f:id:lucamileagelife:20171014031253j:plain

ヒルトンの前の通りをまっすぐ東に歩くと2分程度で地下鉄の7番出入口があるので、夏でも炎天下をたくさん歩くこともなく便利な立地です。
ちなみにナゴヤドームまではここから一駅で栄駅で乗り換え、名城線で向かいます。

地下鉄で帰ってきたときはどこから出たらヒルトンに戻れるか最初の頃は迷っていました。
今は、「堂林選手の背番号:7番出口」と覚えています。
f:id:lucamileagelife:20171014031701j:plain

前日朝のうちに無償アップグレード

ヒルトンオーナーズアプリでのデジタルチェックインですが、以前、名古屋ヒルトンに宿泊したとき、名古屋では宿泊前日の夕方ごろ、ステータス会員のアップグレード作業をすることが多い、というスタッフさんのお話でした。
しかし今回は前日朝、開いた時点で既に1ランクですがアップグレードされていました。
f:id:lucamileagelife:20171014031752p:plain

ちょっとわかりにくいのですが、選択できるお部屋の階数がプレミアムエグゼクティブルームです。
今回の宿泊は50%オフのフラッシュセールで予約したエグゼクティブツインです。
ここから上はスイートを除いては1つしか上のクラスの部屋がないため、ササッとあげてくれたのかもしれません。

お部屋のランク

ヒルトン名古屋のお部屋のランクは以下の通りです。

階数 客室タイプ ラウンジアクセス
9~17F ヒルトンルーム ×
18~21F デラックスルーム ×
22、23F エグゼクティブルーム
24~27F プレミアムエグゼクティブルーム
スイートルーム

・スイートルームは泊まったことが無いので、他のヒルトンのようにエグゼフロア以外のスイートのラウンジアクセスが不明です。

・プレミアムエグゼクティブと普通のエグゼクティブの違いは、プレミアムがより高層、プレミアムのほうがお風呂がちょっとゴージャス、という違いでした。

f:id:lucamileagelife:20171015025904j:plain

一昨年の客室リニューアルにより全客室が綺麗に改装されましたが、いち早く改善されたエグゼクティブルームでプレミアムエグゼクティブルームはお風呂がこんな感じになっています。

・ここのヒルトンはちょっと変わっており、ヒルトン上級会員愛用のネスプレッソがエグゼクティブルームにはなく、デラックスにはあるという点です。
f:id:lucamileagelife:20171014033941j:plain
というわけで、ネスプレッソのないプレミアムエグゼクティブルーム。
ちょっと広々してて寂しいですね。

f:id:lucamileagelife:20171015030122j:plain
ベッド幅はキングです。

f:id:lucamileagelife:20171015030231j:plain
あまり広くない部屋で存在感いっぱいのマーブル柄のテーブル。

f:id:lucamileagelife:20171015030323j:plain
洗面台まわり。

f:id:lucamileagelife:20171015030436j:plain
アメニティは最低限の数。化粧品などはありません。歯ブラシ、コットンセット、ハンドソープなど。ただ、ボディタオルがあるのでお風呂で使えます。これがないヒルトン結構多くて、あれば使わなくても持って帰ったりしています。
アメニティのブランドはこの春からすべての国内ヒルトンで変更されているクラブツリー&イブリン。

f:id:lucamileagelife:20171015031033j:plain
泊まったのは2615号室です。
エグゼクティブラウンジが26階なのでエレベータなしで出入りするのにとっても便利でした。
カードキーを挿入してロック解除するタイプのドアです。

f:id:lucamileagelife:20171015031245j:plain
フロア図。
わが家の選定条件のひとつ、非常口には近いですが、エレベータからは一番遠い部屋でした。
隣にエグゼクティブラウンジと同じくらい広い部屋があり、有償アップグレードで候補に挙がっていましたがもちろん高額な差額は考慮に値せず(笑)
でも宿泊されている方がいました!

f:id:lucamileagelife:20171015031851j:plain
部屋から名古屋駅方面の眺め。
ホテルのフロアマップで左側(西側)を選択すると、こんな眺めになります。
高層ビル群があるのはこちら側だけです。目の前に高層のマンションが完成したので一部さえぎられてしまっていました。

エグゼクティブラウンジ

f:id:lucamileagelife:20171014034140j:plain
チェックイン、カクテルタイム、朝食に利用しました。
アフタヌーンティーの時間帯は外に出ていて利用していません。

f:id:lucamileagelife:20171015031209j:plain
カクテルタイムの軽食はあまり種類が多くなく、ハム・チーズ、スナックなど。そのせいか皆さんの席離れは比較的早かったです。
ただ、中にはおこわを小さな俵上に握ったものがあったり、デザートも種類は少ないですがありました。

f:id:lucamileagelife:20171015032121j:plain
朝食メニューに出されていた天むす。
ミニサイズのせいか、皆さんたくさんとられるので、提供されてもすぐなくなっていました。

フィットネス&プール

野球観戦が主目的で、あまりホテルは堪能できませんでしたが、ウエアとシューズを持参し、何度かフィットネスを利用しました。
いつだったか荷物になるからと何も持って行かずにレンタルで済ませたことがありましたが、レンタルのウエアはダボダボで非常にダサいので、おすすめできません(笑)

f:id:lucamileagelife:20171015032647j:plain
受付はシューズやウエアなど展示してあるスペースがありますが直販はしておらず、ここで商品を見て、別に注文という形だそうです。
主人がシューズを見てました。値段は手ごろなブランドでした。

f:id:lucamileagelife:20171015032911j:plain
ここの通路と奥のスペースにマシン。
狭かったですが利用者は5~6人いました。

ジムのお風呂は昨年はタイルがあちこち割れて崩壊寸前でしたが、昨年12月の改修で見苦しくない程度に直されていました。
が、脱衣所などは変わらず狭く、庶民的なままです。

f:id:lucamileagelife:20171015033217j:plain
プールの中の写真はないのでホテルの案内ビデオの画像より。
あまり広くない小さなプールで、2レーンしかありません。

フィットネスの利用は受付で部屋番号をつげ、プールの場合はバスタオルなどをもらいます。

ベルデスクとビジネスセンター

パソコンを持参するかどうか決める場合に重要なのがビジネスセンターの存在です。
たいていのことはタブレットで済むのですが、PCでやらなければならない作業が存在する場合、新幹線や飛行機で手に荷物をもって移動するときはホテルにビジネスセンターがあればパソコン持参が不要な場合が多いからです。

f:id:lucamileagelife:20171015033744j:plain
福岡のヒルトンにはビジネスセンターがなく、タブレット貸し出しのみですが、名古屋にはありました。
PCは2台ですが利用している人は見たときはいませんでした。

このビジネスセンターは1階ベルデスクの右隣にあるます。
f:id:lucamileagelife:20171015033824j:plain

ベルデスクには今回チェックアウト後にデーゲームが終わって帰ってくるまで荷物を預かってもらいました。
名古屋駅の日曜日のロッカー利用はほぼ困難だということが初回利用時にわかったので、ここで預かってもらって新幹線利用前にタクシーで名古屋駅へ移動しました。
ベルデスクからタクシーのトランクまでスタッフさんの運んでくれる荷物の流れがとてもスムーズで、また来よう!と思えるさすがの対応です。

ざっとのヒルトン名古屋ご紹介でした。
比較的料金も利用しやすいヒルトンです!