ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、日本からの最長ルート、東京→ニューヨークのビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券取得を主目的としています。初ビジネスクラスは2002年成田-ロサンゼルス線。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ポイント・マイルを使って国内線のチケットがどのくらいのお値段になるか?

12月、いろいろキャンペーンやってますね。
JAL・ANA国内線用にポイントやマイル、Aviosを買い足しとこうと思って、どこもめいっぱい買えればいいのですが、限られた予算をどう振り分けるか、コスパ計算してみました。自分用の覚書です。

f:id:lucamileagelife:20171208033800j:plain


INDEX

スターウッド・ポイント購入で最大35%OFFキャンペーン

Buy and Gift Points | SPG

キャンペーン期間:~2017年12月29日

限度額30000スターポイント購入で、682.5USDです。
1ドル115円くらいで計算して、78488円。
1スターポイント=2.6円。

これをマイルに交換する場合、20000ポイント→25000マイルになるので、マイル単価としては2.6×0.8=2.08円です。
UA・BA・ANAにもできるので、使い勝手はいいですね。
1マイル(1Avios)=2.08円

ユナイテッド航空マイレージプラス・マイル購入最大100%ボーナスマイル

https://buymiles.mileageplus.com/united/united_landing_page/#/en-US

最大、というように、単価は購入量によって変動です。
Buy 5,000 - 19,000 miles | Get a 25% bonus
Buy 20,000 - 39,000 miles | Get a 40% bonus
Buy 40,000 - 69,000 miles | Get a 75% bonus
Buy 70,000 - 75,000 miles | Get a 100% bonus

キャンペーン期間:2017年12月4日〜12月31日

100%にするには70000マイルの購入が必要でした。
(100%ボーナスが付与されて、140000マイル分の購入となります)
この時点でもう購入意欲がなくなりかけましたが、いちおう計算だけ。
必要資金は299,487円。

f:id:lucamileagelife:20171208023743j:plain

1マイル=2.14円

イベリア航空のAvios・グルーポンのセール

www.iberia.com

このセールはちょっと複雑、慣れたらどってことない手続きですが。
イベリア航空にログインし、ショッピングモール:IberiaPluStoireを経由し、スペイン版グルーポンへとび、Avios購入セールでAviosのクーポンを購入、その後届いたクーポンを自分のイベリア航空の番号に紐づけする手続きを経て、イベリアプラスに付与されたAviosをブリティッシュエアウェイズ(BA)にまとめ、BAからJAL国内線特典航空券を発券するというもの。使うまでに1か月以上かかりますし、その前にイベリア航空とBAにアカウントを作成したり、最初のとっかかりは大変です。

セールがいつまでかはわかりませんが、スペイン版グルーポンの利用に対し、IberiaPluStoire経由のボーナスは現在1ユーロの利用につき、9Aviosです。(このおまけ付与は2018年1月31日まで)
なので、2000Aviosが売り切れの現在、一番単価の安い8000Aviosを99€で購入した場合は、8891Aviosの購入として計算できます。

規約にはスペイン在住者しかつかないとありますが、ほぼ今まで付与されているのでつくものとして計算します。

1€=135円で計算すると、
8891Aviosの購入額は13365円。
1Avios=1.5円

今回8000Aviosは10本買える雰囲気。(選べる数量が10までありました)

追記
おまけは891aviosじゃなく902aviosみたいです。

国内線に利用した場合、それぞれのチケット単価はいくらになるか計算

各セールで購入したポイントで国内線のチケットを発券した場合を計算してみました。空港税は計算に入れていません。

例は広島⇔東京の片道分。まぁ、広島からなら、国内どこへでもBAやUAはほとんど同じ料金ですが、就航先が多くないのが難点。

利用航空会社 使用ポイント 必要マイル 購入単価 チケット代金
ANA UA 5,000 ¥2.14 ¥10,700
ANA スターポイント→UA 5,000 ¥2.08 ¥10,400
ANA スターポイント→ANA 7,500 ¥2.08 ¥15,600
JAL スターポイント→BA 4,500 ¥2.08 ¥9,360
JAL スターポイント→JAL 7,500 ¥2.08 ¥15,600
JAL Iberia→BA 4,500 ¥1.5 ¥6,750

チケット代が安い時なんかなら、他にもANAマイルをskyコインに交換して有償の購入代金に充てる方法もあります。

一緒にマイル割の残席がある時期なら1人分は往復1万マイルになるのでUAと同じ片道5,000マイルで済むけれど、同行者は片道が1万円ちょっとなど。
そうなると有償部分には少しですがマイルが貯まるため、必要経費は直行便ならほぼ同じ、ということになります。乗り継ぎ便以外は一緒にマイル割のほうがUA使ってANA便よりいいですね。

購入予定数を検証

BAからJALのメリットは直前発券が可能なこと、一番安上がりなチケット代金。
しかしデメリットは広島でいえば直行便の就航先がほとんどなく、東京行くとき使うくらい。

UAからANAのメリットは3区間乗り継げるので、上記就航先の少なさをカバーして、東京を起点にどこへでも行けそうなところ。
デメリットは直前発券は手数料が高いことなど。

広島から東京は、旅割最安が1万円ちょっと、JALの先得でも同じくらいでしょうか。
なので、スターポイントからANAマイルにして特典航空券を国内で使うなんて、ありえない使い方と言えます。
それならANAマイルからさらにSKYコインにしたほうが単価を低くできますね。

北海道へ行くとか、変則ですが、沖縄へ東京経由で行く、などの使い方をすればUAのANA便、単純な直行便ならBAのJAL便でつかいわけてそれぞれマイルを用意しておくほうがよさそうです。
スターポイントは年間獲得上限が低いのですがホテルにも各社のマイレージにも幅広く利用できるので、買っておいても損はなさそう。
現に私は来年のニューヨークの特典航空券のちょっと足りない補充にスターポイントを2万ポイント利用しました。

UAの利用は我が家の場合ありそうでない感じ。
東京は用事が定期的にあるので必要なのですが、それ以外の都市にここ最近は飛行機で行ったことがありません。(名古屋にUAのANA便乗り継ぎで行って単価を下げようと考えたりしましたが、やっぱり新幹線)

なら、バイマイルではなく、自然に貯まるしくみを利用したほうが無駄がないかなと思い、最近はヒルトンのマイレージをユナイテッドにしました。まだUAからのANA便発券をしたことがないので、一度貯まったマイルで旅行してみて、今後定期的に補充するか決めようと思いました。
北海道や東北に行くとしたら乗り継ぎ便で活用できそうです。
2~3年先には北海道でカープとハムの交流戦が土日がらみであるはずなので、そのときは北海道に行きたいな!

ということで結局我が家はスターポイントを枠いっぱい、という結論に達しました。

※本記事のユーロ・ドル単価は現在のFX単価に単純に3円プラスした程度の適当計算です。