ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、日本から2番目の最長ルート、東京→ニューヨークのビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券取得を主目的としています。初ビジネスクラスは2002年ロサンゼルス-成田線。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ニューヨークの空港到着ロビーで出迎えを頼んでいたリモを逆に待つことになったお話

ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ空港に降り立った旅の初日。
ビジネスクラスの恩恵で比較的早めに入国審査の列に並び、意気揚々と到着ロビーに出たのですが、依頼していたリモ(リムジン)のドライバーがいない!
結構パニックになりましたが、アメリカだからこんなこともあるだろうなと冷静になって考えたら後から納得です。

f:id:lucamileagelife:20171209014049j:plain


INDEX

JFK(ジョン・F・ケネディ)空港からマンハッタンへの移動方法

移動手段は価格も時間もいろいろです。

タクシー(イエローキャブ)

現在、公式のフラット料金は$52、これに平日16-20時は追加$4.5がプラスされます。

タクシー料金詳細については以下↓
Taxi, Car and Van Service - Ground Transportation - John F. Kennedy International Airport - Port Authority of New York & New Jersey

さらに有料道路を通ればそのフィーが加算されます。
JFKからマンハッタンへ行く場合は、イーストリバーを越えなければならないので、北側のクイーンズボロブリッジ(無料)を渡るか、Queens–Midtown Tunnel(ミッドタウン・トンネル)(有料)を通ります。
ミッドタウントンネルの料金は現在、$5.76~8.5でした。

通行料の詳細↓
MTA Bridges and Tunnels - Toll Information

※E-ZPassは日本でいうETCのようなもので、UBERにも付いています。なので業務でこのトンネルを通行する場合は$5.76が加算と思っていいのかな?

さらにチップ(15~20%)が加算されるので、$65~75でしょうか?

注意点
・タクシーは定員4名ですが、トランクがそれほど広くないため、4つのスーツケースが入らない場合があります。
 その場合、荷物の大きさによっては分乗する必要があります。
・指定のタクシー乗り場から乗りますので国際線到着時には結構な列になります。
・日本のタクシーと違い、トランクへの荷物の出し入れを手伝わないドライバーもおり、逆に手伝ってもらったらチップをはずむ必要があります。
・取り締まりが厳しいと言われるイエローキャブですが、チップをもっとくれとか、現金で払えとか、面倒なドライバーもいます。

空港バス(NYC Airporter)

単身や2名程度でターミナル駅に近いホテルに宿泊なら、NYC Airporterを使うと、多少タクシーよりは割安です。
現在の料金は1名$18(片道)、往復だとちょっと割引で$34

www.nycairporter.com

私は利用したことが無いのですが、HPを見ると、下車するバス停は
・ペンステーション
・グランドセントラル
・ポートオーソリティ
のいずれか。
また、ブライアントパークから、小さなバンに乗り換え、23 番目と63 番目のストリートの間にあるホテルには無料送迎してくれると書いてあります。
しかしここでの無料シャトルバスの乗車の待ち時間もありそうな気配。(注意事項に待ち時間については責任持てませんって書いてあります)
待つのが嫌ならそこからタクシー乗車かな?

料金に関するトラブルはなさそうな移動方法で、夏の旅行などで荷物が少なければ一度使ってみようかなと思いました。

シャトルバス(Super Shuttle)

ニューヨークでは利用したことがありませんが、西海岸で何度か利用しました。
ブルーバンともいいます。相乗りのドアツードアの送迎サービスです。
https://www.airportshuttles.com/newyork-jfk.php

ロサンゼルスでは危ないエリアの住民のところにもピックアップにいくし、なぜかいきなりガソリン給油しはじめたりとか、結構自由でリスキーでした。
そのうえ、おりるときに車内に書いてあった料金より多めに請求され、現金払いを要求され、それ以来使ってません。
そんな人ばかりじゃないとは思いますが・・。

エアトレイン+地下鉄または高速列車

公共交通機関を使って移動する方法が一番安上がり。しかも所要1時間弱と結構早いです。
こちらは荷物が少なく(キャリーひとつなど)身軽に移動できる場合に利用するといいと思います。
Public Transportation - Ground Transportation - John F. Kennedy International Airport - Port Authority of New York & New Jersey

エアトレイン+地下鉄

ターミナル間を走っているエアトレインに乗り、ジャマイカ・ステーション駅(行先によってはハワードビーチ駅)までいき、地下鉄に乗り換える方法です。
料金はエアトレインの$5と地下鉄のペイパーライド料金が$2.75で合わせて$7.75

注意点は、地下鉄駅は地上に出るまで階段しかない駅も多いので、事前にホテル最寄り駅の駅を調べておく必要があることや、最寄り駅はよくても乗換駅でも階段がある場合がほとんど。

エアトレイン+LIRR

高速列車のLIRR(ロングアイランド鉄道)もジャマイカステーションから乗車できます。
LIRRは空港からじゃないですけど何度か利用したことがあります。
座席も広くてなかなか快適です。
ジャマイカステーションからペンステーションまで20分程度です。
料金はエアトレインが$5、LIRRはピーク料金とオフピーク料金があって、$7.5~10.25

時刻表検索はこちらのページから。
MTA LIRR - Schedules & Fares

料金最新版はこちらを参照ください。
AirTrain - Ground Transportation - John F. Kennedy International Airport - Port Authority of New York & New Jersey

LIMOとは?

LIMO(リモ)とは、日本でいうリムジン(ハイヤー)サービスの車です。
いちおう、綺麗に磨かれた黒い車で、セダン、SUV、ストレッチリムジンなどいろいろな車種を事前に選べます。
(何度か、セダンが勝手にストレッチになっていた経験があります)
運転手もタクシーよりは態度がいいですが、今まで遭遇した中には、タクシーのぼったくり同様、現金払いを要求してきた運転手、周りの車とカーチェイスするスピード狂の運転手などいました。
しかしおおむね、紳士的な運転手がおおくて、到着ロビーでお客の名前を書いたボードを持って待っていてくれて、荷物を駐車場まで運んでくれてトランクへの積み込みなども言わなくてもやってくれます。
お手洗いは大丈夫ですか?など気遣ってくれる運転手もいました。

たとえばある会社のHP↓
www.cars.limo

日本のツアー会社などで手配すると$200以上して高い!と思うのですが、いろいろな手段で安くする方法があります。

リモを安く手配する方法

今まで何度か利用したリモはすべて、宿泊のホテルコンシェルジュ経由で予約したリモです。
空港からホテルまでが$95~105(チップ・通行料金・空港での駐車場料金込み)、ホテルから空港へは待機料金がかからないので$69~95くらいの幅でした。
ホテルによって違うのは、手配会社がたくさんあるので利用する会社によって契約料金が違うのかな、と思いました。
英語ドライバーですが、そこそこ安いと思います。

ダイナースを通じたリモの予約

今回の予約の経緯ですが、いつも通りホテル経由で予約するつもりだったのですが、宿泊したホテルとの連絡にダイナースの旅行デスクを仲介に入れました。
何か問題があったら、現地旅行デスクに直接・日本語で詳細が言えると思ったからです。

私がダイナースに希望したのは以下の条件での見積もりと依頼です。
・ミートは到着ロビーで、ドライバーがネームボードを持って待っていること
・ミッドタウントンネルを通行して最短でマンハッタンへ移動すること
・JFKの待機時の駐車料金、ミートする際の待機料金、トンネル通行料・チップ込みの見積もり

これに対し、ダイナースのデスクがホテルから聞いたリモの料金は二転三転し、
最初が$85、その後$75でした。

それってどちらも基本料金じゃないのですか?安すぎます、と聞くと、

到着ロビーに出たら電話して外に出てもらって、、の場合の料金、とのこと。

私が最初に提示した条件と違います。
そもそも、電話で連絡しあって外でミートするなら、UBER使います。

UBERは通常指定場所まで来てくれますが、JFKの場合はロビー外での駐車しての待機が禁止されているので、空港付近で待機して、電話連絡のあとにお客さんと外でミートすることになります。
暗くなる時間でナンバー確認も大変ですし、UBERは利用者が多いと料金が上がるシステム、加えて、口コミをいろいろみると、到着ロビーが混むから出発ロビー階まで来てくださいとか、自分の車を探すのが大変そうなので、空港からの移動には避けることにしました。
(ホテルから空港まではUBERを使いました)

そんな感じで、結構時間のかかるやりとりがあり、結局、私の希望する手配では、
・基本料金が$75
・到着ロビーの到着待ち待機料金が$25
・到着待ちの駐車料金が$12(暫定)
ここまでで計$112
・チップは別

となり、トンネルの料金については契約書に記載無。何回言えばわかるのかな。。という感じです。
しかし手配のやりとりで不手際があったので、待機料金の$25と駐車料金はダイナースが負担してくれることになりました。

この時点でダイナースの用意した予約内容を記載した書面が日本語だったので若干不安を覚えたのですが、英語の書面は出さないとのことでした。

そもそも、ホテルを通じて予約するための代行を頼んだだけですが、途中からダイナースの直接手配に変わっていたのも不思議で、それを指摘したら、
ホテルの手配会社がコンチネンタルなので、わたしどもからでもコンチネンタル社は手配できますっとの理由で直接手配に変えたとのこと。
聞いてなかったんだけど・・。ダイナース・・。

到着ロビーに出たら、、運転手がいませんでした

APCのおかげで私はおそらく同じ飛行機の搭乗者中、1抜けだったのですが、夫が通常の列に並びなおしたので、到着ロビーに出たのは飛行機到着から25分後。

ネームボードを持ったドライバーやツアー会社がたくさんいましたが、私の名前のボードが無いんです。

いったん荷物のカートを邪魔にならない場所に寄せて、夫と交代でボードを持っている人を一人一人見て回りましたが、やはりいません。
慌てて電話をかけようとしましたが、携帯がレンタルのもので、海外からになるのでいつものダイナースの0120コンシェルジュにかけることができません。
しかたないのでレンタルしたWi-FiルータをONにして、ダイナースの連絡先の中から、通常の03からの電話番号を探し、電話しました。

そこからニューヨークデスク経由でリモの会社に連絡が行ったのか、しばらくして私の携帯にリモの会社から電話がかかってきました。

この時点で私が勘違いしたのですが、かけてきたのはリモの会社のオペレータで、私は最初、ドライバーさんがかけてきたと思って、運転手がターミナルを間違ったのかと思っていました。
そうしたら、予約は18時20分ですよね、というので、
飛行機到着は16:10定刻ですよ。多少遅れて到着したけど、今はもう17時30分なので今すぐ来てください、と言いました。行けても18時10分かなと、相手の言い分。到着したばかりで頭がまだ英語脳になっていないので、早口の英語は聞き取れないし、疲労困憊です。

時間の食い違いについて、どうもおかしいので、またダイナースに電話し、リモの会社に確認をとってもらうことにして、連絡と運転手を待ちました。待つこと、、なんと1時間です。
結局、運転手が来たのは18時40分で、自分の会社の主張する時間よりも遅れています(苦笑)
更にネームボードの名前もスペルが間違っており、違う名前になっていました。
電話していて、すぐ近くにさっきまでいなかった人がいる、と思って気づきました。このおじさん、いつからいたの?と・・。
それとドライバーさんの身なり・・ああ、安かったのはこれだなと思いました。
今まで来てくれたリモのドライバーさんはブラックスーツにフロックコートを着た、執事感たっぷりの方ばかりでしたが、この日のドライバーさんはイエローキャブの運転手さんと大差のない、ジャンパーを羽織った普通の恰好のおじさんでした。

今までは4つ星のホテルが手配した会社、今回は3つ星ホテル御用達の会社、その違いなのかもしれません。

駐車場にとまっていた車種はキャデラックで、駐車料金は支払うときにチェックしたらわずか$4でした。
f:id:lucamileagelife:20171209010618j:plain
(とめたばっかだから待機も何も)

その後、ホテルまで、さらに1時間半

今まで使ったリモで早い場合は30分。渋滞にかかって時間がかかっても1時間弱でしたが、今回の移動時間は1時間半でした。
もうすぐミッドタウントンネルだなーと思って窓の外を眺めていたら、突然右折し、クイーンズを北上。
どっちにしても渋滞のクイーンズボロブリッジを通り、マンハッタンに渡ってからホテルへまた南下、というルートです。
後から調べてもらったのですが、運転手が渋滞を回避した、という話でした。

ホテルに到着し、支払った料金は88ドル。
明細不明です。チップは?と言ったら、これでいい、ということでした。
領収書を要求すると、メールで来るから、とメールアドレスを登録させられ、さらに紙のメモ、なぜか白紙のメモもおまけでくれました。

帰国後、料金についてダイナースと交渉

空港でのやりとりだけでも、電話代が2000~3000円かかっているし、そもそも待機もしていないリモの代金を払う必要があるのかなと思っていました。
ダイナースは帰国後に調査の上、お電話します、とのことで、帰国後に持ち越しです。

その後、帰国前のある日、メールでトラベルデスクの責任者のTさんから、帰国後の平日、火曜日にお電話しますが何時が良いでしょうか?との連絡があったので、お昼休みの時間帯にお願いしました。

電話で話した内容ですが、

・なぜ到着時間の認識が依頼元(ダイナースニューヨークデスク)と依頼先(コンチネンタル社)で相違があるかは不明のまま。
・コンチネンタル社は使ったぶんは払えとの話で、返金には応じてくれない

とのことで、私が払った$88のうち、$75は私が負担、残りはダイナースが返金するとのことでした。

しかし元々、待機料金と駐車料金はダイナースが負担する話だったから、正直、それだけ??と落胆です。
12時間のフライトの後、空港で2時間も缶詰めになって、しかも結局原因は不明って、、。

「Tさん、あなたなら飛行機の到着から2時間も遅れてきたリモにお金払いますか? もう一度リモの会社と交渉してみてもらえませんか?」
と電話を切りました。

ダイナースのさらなる提案

2回目の連絡がある前に、もうどんな内容でも金額的には納得して受領しようということと、我が家の旅行時期からして荷物はどうしてもあまり減らせないので、次回以降もリモを使う方針は多分変わりません。
ちゃんと仕事してくれるリモの会社を真剣に考えて欲しいとのことを伝える気持ちでおりました。

トラベルデスクのTさんの電話では、結局、海外デスクがコンチネンタル社に全額返金を求めていたが、交渉に全く応じてくれず、悔しい限りです・・とのことです。
料金ですが、最初の提案の、私が負担する基本料金75ドルを20%返金する結果で落ち着きました。
もちろん、最初から言われていた、88-75ドルの差額も無し。
この割引の根拠は、パッケージツアーなどで何かしらトラブルがあった場合、変更補償金として返金する場合のMAXが20%なのだそうです。
今回はツアーではないけれど、トラベルデスク経由の手配なので適用するとのことでした。
(どうも社内的な問題で、全額返金などは難しい、との話でした)

いろいろとお見苦しい内容で不快に思われたらすみません。
ダイナースのプレミアムデスクはいろんな手配をやってくれるので結構頻繁に利用しています。
しかしたまにはこんな不手際もある、という話でした。
今回はどちらかというとダイナースの不手際とは言えないケースですが、頻度としては年1くらいですかね。
まえにも予約しようとした飲食店でなぜかデスクの担当の方がお店のご主人を怒らせてしまい、私がそのお店にしばらく出禁になってしまったこともあります。

次回はどうするか?

来年のニューヨークの予約もやはり寒い時期で、荷物を持って公共交通機関を使うのは無理っぽいので、リモ予約する気満々です。

UBERは空港へ行くときはいいのですが、やはり空港からだとミートが難しそうなイメージで・・。

以前使っていたリモはEmpire Coach という会社から来ていました。
いま、この名前で検索するとチャーターバスの会社がヒットして、前に出来たリモのオンライン予約や料金のページが出てきません。
今度は多少割高でも日本人の経営するリモ会社に依頼しようかなと考え中です。

リモ手配で気を付けること

陸マイラーの方々なら、ニューヨークほどの長距離路線でエコノミークラスを使う方は少ないかもしれません。
通常、リモを手配すると、待ち合わせ時間の無駄を省くため、入国手続きの所要時間を見越して、到着より遅れてロビーに来る運転手さんの存在に気づきました。

しかしそれはエコノミークラス利用の話で、ファーストクラス、ビジネスクラスの場合はすぐにバゲージクレームを抜けて出てくる場合が多いので、(今回ほどではないにしても)お客のほうが待つケースも往々にしてあるそうです。

予約の際は到着がファーストクラス、あるいはビジネスクラスであることはあらかじめ伝えておくべきです。

また、ロビーでミートする契約の場合、ドライバーの待ち時間が60分程度は設定されていますが、安い会社によっては30分だけ無料で、その後待機料金を加算されるケースがあります。

逆に待機料金を取らずに最初の30分無料、その後は25ドル加算、という会社もありました。

契約上の条件に十分注意する必要があります。

距離が長い上、東京→ニューヨークの往路は偏西風の影響で追い風なので、出発が大幅に遅れても到着はそれほど遅延無しになりました。
16時台の出発が結局空港離陸が18時でしたが、到着は30分程度の遅れでした。
相乗りサービスなどは待ってくれる時間が決まっています。大幅な遅れの場合はキャンセル費用なども頭に入れておく必要がありますが、航空機遅延より、入国手続き次第、といった印象です。
私は今回初めて夕方着便を利用しましたが、到着便が多くて特にエコノミークラス利用者は時間がかかりそうなイメージでした。
朝ニューヨーク着なら、それほど午前着は空港が混雑していません。
今後はターミナル7の到着便がどのくらいあるかも考慮しつつ、出発便を選択するべきだなと思いました。