ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、日本から2番目の最長ルート、東京→ニューヨークのビジネスクラス・ファーストクラス特典航空券取得を主目的としています。初ビジネスクラスは2002年ロサンゼルス-成田線。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ヒルトンのダブルディップが廃止・2018年4月より

ヒルトンではヒルトンのポイントのほかにマイルも貯めることができました。
陸マイラーにとって、ヒルトンのポイントよりマイルのほうが良いですよね。
しかしこの春からそれができなくなります。

f:id:lucamileagelife:20180119014350j:plain


INDEX

2018年のヒルトンの規約変更

いつのまにやら掲載されていたポイント制度その他に関する記載です。
hiltonhonors3.hilton.com

ウォルドーフ・アストリアの朝食

ダイヤモンド会員は朝食とボーナス1000ポイント。
ゴールドはどっちか選択です。
以前はこの制度、どうだったのでしょうか?
そもそもウォルドーフ・アストリアに泊ったことがないからわかりません。
このマイウェイ特典は1月から始まっているようです。

ポイント制度の変更

ダブルディップがなくなり、付与されるポイントが増えます。
(一部の会員は減ります)
f:id:lucamileagelife:20180119020304j:plain

ヒルトンのポイントは、土曜や連休などの繁忙期の値段の高い時には役に立ちますが、泊まれば結構たくさん貯まるから、現在は余り気味です。

それよりダブルディップのポイント&マイルが無くなったのが地味に残念。

宿泊実績の繰越

次年度の会員資格に必要な宿泊実績が余計に積み増し出来たら翌年に繰り越せるという変更です。
当落線上という場合には有利に働く改正ですね。


他にもマイルストーンとかありますけど、100泊とかもう住んでる?っていう世界なので、あまり関係ないと思って詳しく見てません。

ダブルディップとは?

ヒルトンのポイントだけをたくさん貯めたいのか、それともマイルも貯めたいのか、好きな方選べたのがダブルディップ制度です。

この制度が4月に廃止になるようです。

ポイント&ポイント

1ドルにつき10ベースポイントに加えて、1ドルにつき5ポイント獲得することができました。
100ドルの支払いの場合、1000ベースポイントと500ポイントの合計で1,500ポイント獲得でした。

ポイント&マイル

ベースポイントに加えて、1ドルにつき1マイル獲得することができました。
100ドルの支払いの場合、合計で1,000ポイントと100マイル獲得。

一見するとポイント&ポイントのほうが付与率が高く感じますが、ヒルトンのポイント価値がだいたい1ポイント=0.5円前後(使い方により変動)、1マイルは2円相当で、使い方によってはもっと大きくなるため、人によって選べた、というオプションでした。

実際はこれに上級会員のボーナスや各ブランドのmyway特典があったり、ポイントやマイルのキャンペーンがあったりして、マイルもポイントも沢山貯まるな〜という感じでした。

私は現在はポイント&マイルにして、ANA国内線用としてユナイテッドのマイルを貯めてました。
2月の沖縄と3月の福岡でどのくらい貯まるかあと少しですが最後まで楽しもうと思っています。

4月以降は制度がシンプルになり、ヒルトンのポイントが貯まるスピードは上がります。
海外使用で5泊(4泊分のポイント+1泊な無料)で利用するのが当面のポイント目標でしょうか?

ポイントの有効期限

現在私の保有するヒルトンのポイントは
342,187ポイントです。
東京で1泊(6万ポイント)、福岡で1泊(5万ポイント)、ニューヨークの1泊ぶん(7万ポイント)だけを現時点でポイント予約しています。
ポイントの有効期限は1年間のうち1泊でもすれば延長されますので年1以上利用すればたくさん持ったままでも大丈夫です。