ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、長距離の国際線ファーストクラスやビジネスクラスで使う方針でやっています。初ビジネスクラスは2002年ロサンゼルス行き。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

初宿泊のリッツ・カールトン沖縄でクラブ・エクスペリエンスを体験、追加料金が妥当なのか?

先日、緊急事態宣言が明けてさっそく飛んだ沖縄で、オフピークポイントになっていたリッツ・カールトン沖縄に初めて泊まってみました。
もともと沖縄のリッツはクラブラウンジが無いホテル、と記憶していましたが、現在は1日18組限定でラウンジ・エクスペリエンスという形でクラブラウンジのサービスが体験できるようになっています。
f:id:lucamileagelife:20211102025745j:plain


INDEX

リッツ・カールトン沖縄の概要

リッツ・カールトン沖縄はマリオットグループのトップカテゴリ8のホテルです。
公式ページはこちらです。
www.ritzcarlton.com

立地は那覇空港から車で1時間ちょっとというところ。

ホテルまでのアクセス

ホテルが小高い丘の上のゴルフ場に隣接している場所にあり、車以外でのアクセスはちょっと難しいと思いました。
最寄りの高速出口は終点の許田ICで、そこから3キロほど南下します。

【カーナビゲーション活用情報】
・住所:沖縄県名護市(なごし)喜瀬(きせ)1343‑1
・郵便番号:905‑0026
・電話番号:0980‑43‑5555

駐車場はバレー3000円/泊で、セルフで屋内駐車場にとめるのは無料です。駐車場内からエレベータに乗れますのでたとえ雨が降っていても濡れずにホテル内に入れます。
レンタカー運転に不安がある場合は、ホテル手配のハイヤーなどもあり、ホテルに直接申し込むと那覇空港までお迎えがあるようです。
1台4人まで乗車で18000円と書いてあります。

また、空港リムジンバスもあるようです。便数やダイヤはその時点でホテルに問い合わせると良いようです。
料金は以下
【空港リムジンバス】
那覇空港(国内線)-ザ・リッツ・カールトン沖縄 間
大人 2,140円
3歳~11歳 1,070円
3歳未満は無料

私たちは北にあるヒルトン瀬底からのレンタカー移動で1時間ほどでホテルに到着。
帰るときは、ホテルを出て那覇市内のレンタカー屋さんに返却に行くまでは1時間ちょっとでした。
最寄りの高速は許田ICです。帰りは少し北に戻ることになります。
今回は数か月前に安く予約していたレンタカーをキャンセルし、直前に他のレンタカー屋さんを手配したので少し割高になり、総額は3日間で1万円ちょっとでした。

チェックイン

最初はバレーのみ?かと勘違いして正面玄関にアクセス。
f:id:lucamileagelife:20211102025730j:plain

スタッフの方に聞いて、レンタカーをセルフで下の駐車場に駐車し、ホテルのロビー階に上がって名前を告げると、まずは荷物を預かってもらえました。
f:id:lucamileagelife:20211102025727j:plain
今回はクラブ・エクスペリエンスを申し込んでいたので、フロントではなくクラブラウンジでチェックインとのことで案内されました。
ロビー階からは階段でのアプローチでした。
f:id:lucamileagelife:20211102025802j:plain

ちょっと暗めですが落ち着いた感じのラウンジのレセプション。
f:id:lucamileagelife:20211102025747j:plain

ちょうどアフタヌーンティーの時間帯(15時30分ごろ到着)でした。
チェックインはとても時間がかかって、私たちは部屋では最後から2番目くらい。部屋に案内されたのは1時間後の16時半ごろです。

落ち着いたソファ席などありますが、二人なので窓際のテーブル席へ。
f:id:lucamileagelife:20211102025440j:plain
(到着した時間帯は満席でした)

客室のカテゴリとアップグレード

リッツ・カールトン沖縄は100室以下のこじんまりしたホテル。
客室のカテゴリは以下の通りです。

客室タイプ 広さ 定員 客室数 眺望
デラックスルーム 1~4階 45㎡ 2名 54 ベイビュー&ゴルフコースビュー
ベイデラックスルーム 5~6階 45㎡ 2名 24 ベイビュー&ゴルフコースビュー
プレミアデラックスルーム 2~5階 58㎡ 2名 9 ベイビュー&ゴルフコースビュー
カバナルーム 1階 45㎡ 2名 8 -
プレジデンシャルスイート 7階 105㎡ 2名 1 ベイビュー&ゴルフコースビュー
ザ・リッツ・カールトンスイート 7階 105㎡ 2名 1 ベイビュー&ゴルフコースビュー

どこの部屋も2名定員というのが気になりますが、実際は添い寝のお子様は多いようで、ご家族連れが多かったです。
実際、プレジデンシャルスイートには定員2名なのに4名様までお泊りいただけますと詳細欄に書いてありました。

アップグレードですが現在私はマリオット・プラチナ会員で、一番下のデラックスルームをポイント(70000ポイント)で予約して、5階のベイデラックスにアップグレードされました。

ベイデラックスのお部屋

お部屋の電子キーは木製。部屋は5階にあり、エレベータでは自分の客室階しか押せないセキュリティになっています。
f:id:lucamileagelife:20211102025912j:plain

通された部屋は521号室です。
f:id:lucamileagelife:20211102025501j:plain

入ってすぐに食器類、紅茶などが収納されているキャビネット。食器やコーヒーセットは凄く素敵でした。
f:id:lucamileagelife:20211102025541j:plain
氷はハウスキーピングに頼んでアイスペールを持ってきてもらいます。

45㎡と、当初予約していた部屋と広さは変わらずですが、水回りが広くて回遊できる構造なので、広く感じます。
f:id:lucamileagelife:20211102025427j:plain

トイレ、シャワーブース、洗面台からバスタブまで1列に配置されています。
f:id:lucamileagelife:20211102025432j:plain

シャワーヘッドはハンスグローエ、レインシャワーもあります。
切り替えはハンドルなので油断すると天井から降り注ぎます。
洗面台は大理石でダブルシンク。豪華すぎます。
f:id:lucamileagelife:20211102025438j:plain

アメニティはアスプレイ。これ買うと高いんですよね。
f:id:lucamileagelife:20211102025529j:plain

なんといってもビューバス。
f:id:lucamileagelife:20211102025703j:plain

バルコニーもゆとりのスペース。でも虫が多いのであまりのんびりできません。
f:id:lucamileagelife:20211102025517j:plain

パジャマはワッフル生地で肌触りよい素材。エコバッグはラウンジに持参している人多数見ました。薄手で軽いのでちょっとしたものが入りそう。
f:id:lucamileagelife:20211102025534j:plain

クローゼットも広いです。木のハンガーがふんだんに置いてあります。
f:id:lucamileagelife:20211102025445j:plain

プールに着ていけるパーカー。
f:id:lucamileagelife:20211102025700j:plain

引き出しに入っている備品各種。箱に入っていましたが中身を全部出してみました。
f:id:lucamileagelife:20211102025711j:plain

デスクも使いやすいのですが、奥行きがもう少し欲しい感じです。
f:id:lucamileagelife:20211102025617j:plain

ベッドサイドにはレトロなラジオと、自動開閉のカーテンのボタン。
f:id:lucamileagelife:20211102025512j:plain

窓際のソファスペースで本を読んだり書類を書いたりしました。夜は非常用のライトを利用。照明が全体に暗めなので、何もせずのんびりしろということなのでしょうね。
f:id:lucamileagelife:20211102025520j:plain

ウェルカムスイーツやパインジュースが置いてありました。
f:id:lucamileagelife:20211102025507j:plain

マスクやハンドジェルも。
f:id:lucamileagelife:20211102025504j:plain

窓からのビューです。ちょうどロビー周りの水辺のエリアが見えます。
遠くに海も。
f:id:lucamileagelife:20211102025509j:plain

夜は一層雰囲気が素敵です。
f:id:lucamileagelife:20211102025722j:plain

クラブ・エクスペリエンス(クラブラウンジへのアクセス権の付与)

昨年からのホテルステイは我が家はほぼホテルおこもりで外には出ていません。
なのでラウンジで飲食するべく、1日18組限定のクラブ・エクスペリエンスに申し込むことにしました。
ポイントでの予約をいったん完了したあと、電話で問い合わせて付与してもらうことに。
追加料金は大人2名 1泊合計、27,830円(税金・サービス料込)
なお、料金は変動するようです。

ホテルカテゴリが8なので、もともとの必要ポイントは、サービス期間中のオフピーク(最低ポイント)で7万ポイントと、決して少なくないポイント消費でしたが、それに対してラウンジアクセスの追加としては割安に感じました。

クラブラウンジ営業時間(2021年10月時点)

朝食 午前7時~午前10時30分
軽食 午前11時30分~午後1時30分
アフタヌーンティー 午後2時30分~午後4時30分
オードブル 午後5時30分~午後7時30分

通常1日5回で夜10時までの営業ですが、沖縄県のガイドラインに従い、アルコールの提供は午前11時より午後7時までとなっており、ラウンジの営業時間も20時まででした。
なので、1日18組限定になっていてもオードブルの時間は混雑し、1時間の時間制限が設けられていました。
本来あるはずの、オードブルの時間の後にあるスイーツ&コーディアルは、オードブルの時間帯に一緒に提供されていました。
時間が短かったので、あまり堪能できなかったというのが正直な感想です。

なお、ラウンジエクスペリエンスはレイトやアーリーチェックインに関係なく、到着の日のアフタヌーンティーがスタート。最後はランチで終わりです。
リッツ大阪の、滞在中ずっと楽しめる形式とは違って、人数が制限されている感じですね。

アフタヌーンティー

チェックインを待ちながら、アフタヌーンティーをいただきました。
f:id:lucamileagelife:20211102025423j:plain
窓際の狭い席だったので、スタンドの全容が撮影できず残念。

ドリンクは既にアルコールが提供されていました。
ここで提供されていたシャンパンはルームサービスのメニューで見ると3500円(;'∀')
f:id:lucamileagelife:20211102025435j:plain

オードブル

チェックインの後のカクテルタイムは17時半から。
混雑しそうだったので早めに行きました。アフタヌーンティーをいただいたばかりでおなかはあまりすいてなかったのですが、ラウンジじたいあまり広くなく席数も少ないので。
やはり席待ちのゲストがおられるとのことで、19時ごろには部屋に戻りました。
f:id:lucamileagelife:20211102025558j:plain

ローストビーフやラフテー、生ハムなど、肉系充実!
他にスイーツも同時に提供されています。
f:id:lucamileagelife:20211102025615j:plain

朝食

朝食はレストラン・グスクの朝食ビュッフェが品数が多いとのことで、制限もあり、予約していったのですが、料理もあまり補充もされず、ちょっと残念な感じでした。
人も多かったし、次回は多少品数は少なくてもラウンジで落ち着いて朝食をとりたいと思いました。

それでも豪華なビュッフェです。
f:id:lucamileagelife:20211102025800j:plain
f:id:lucamileagelife:20211102025742j:plain

パンも美味しかったです。
f:id:lucamileagelife:20211102025805j:plain

なかなか補充されなかったのですが沖縄そばも。隣は島豆腐。
f:id:lucamileagelife:20211102025752j:plain

ラウンジでの朝食は和・洋それぞれのプレートになっていて、一部ビュッフェのお皿があるそうです。
f:id:lucamileagelife:20211102025848j:plain

ランチ

クラブ・エクスぺリンスの最も充実しているのはランチでは?
と思いました。
日替わりでピザ、またはグリル料理が出ます。私たちの時はピザでした。
これが本格的なピザでした。
f:id:lucamileagelife:20211102025900j:plain

なんでもない小鉢に見えますが、トリュフとかキャビアとかのっかってるんですよ。
f:id:lucamileagelife:20211102025842j:plain

食べられなかったですけど、チャーハンとかいろいろ。
f:id:lucamileagelife:20211102025855j:plain

夫は気分よく、シャンパンとオリオンビール。
ハイ、レンタカーの運転は私担当です。
f:id:lucamileagelife:20211102025858j:plain

ということで私はジュースで。
f:id:lucamileagelife:20211102025853j:plain

このホテルでラウンジ付けない場合は朝食を追加し、ランチをレストランか、テイクアウト、リッツニックなどもありますが、お酒飲む人ならどこも1杯は高価なので、ラウンジアクセス付けたほうが会計も最初から織り込み済みで安心して飲食できるような気がしました。
ただ現在は旅行客も戻りとても混雑していた印象なので、利用する時間帯は考えないといけないし、土日の利用は特に注意が必要かと思います。
(我が家の利用は日曜泊、なのにこの混雑ぶり。リッツは超人気ですね。)
マリオットのポイントがあれば我が家のように、追加のラウンジ代だけでホテルステイが楽しめます!

プラチナ会員の特典

いくつか選べる特典があり、そのうちホテルクレジット3000円分をチョイス。
ホテル内のギフトショップでおみやげを購入するのに利用しました。
なお、ホテルのギフトショップではマリオット会員の割引が一部商品にあり、対象商品はロゴ入り商品です。
f:id:lucamileagelife:20211102025601j:plain

まとめ

ポイントも結構使うし、ラウンジ追加と1泊としてはかなり贅沢をした印象です。
しかし満足度はとても高く、ホテルの雰囲気も相まって海外のリゾートに来た錯覚に陥ります。(海外リゾート系ホテル、そもそも行ったことないけど)
沖縄ではいつもヒルトンに泊まるのでマリオット系は初めてでしたが、夫はすぐまた1月に来るときにここに泊まろう!と言ってますWW
シーズンオフで縮小されたラウンジサービスの料金とはいえ、28000円弱、これって妥当?というところは、夫がたくさん飲んだので妥当だと思いました(;'∀')
私はまぁ、元はとれてないかもですが、チェックインから特別扱いなのはやはり気分イイ!です。