ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、長距離の国際線ファーストクラスやビジネスクラスで使う方針でやっています。初ビジネスクラスは2002年ロサンゼルス行き。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

イラフに泊まって軽トラックをレンタカー!利用してわかった宮古島・伊良部島ドライブの注意点

沖縄はコロナ禍にかなりレンタカー台数を減らしたあおりもあるのか、現在でもレンタカー不足が続いているようです。
今回高額なレンタカーしか見つからず、1日だけ、値段の安かった軽トラックを伊良部島で借りてドライブしてみました。
私なりに今後の宮古島、伊良部島のドライブの注意点をまとめました。
(一旅行者個人の見解です)


沖縄県のレンタカー事情

沖縄はコロナ前はレンタカー天国というか、とにかく日本で一番レンタカーが安く借りられるところでした。
私は最安3日で2200円で借りたこともあります。
基本料金が安いうえ、楽天やじゃらんのクーポンの適用もうけられるので、その分、保険もフルで付けてもそんなに高くなりませんでした。
それがコロナ禍、お客様が激減したそうで、我が家はホテル修行で人の少ない頃もたまに沖縄に行っていましたが、空港送迎バスが我が家だけ、ということもちょくちょくありました。
こんなんでやっていけるのかなと貸し切り状態の送迎車でもいろいろレンタカー会社の人に話を聞いていましたが、車をリースに回したり、手放したり、閉業したレンタカー屋さんもあるようでした。
その後、お客さんが戻ってきた時点では原材料不足で新車の納車遅れ、中古車も高額取引されている状態で、車の供給が間に合わず、現在のレンタカー不足につながっているようです。

沖縄本島は意外と広いのですが、公共交通機関というとゆいレールとバスしかありません。
ゆいレールがカバーしているのは那覇だけなので、その他のエリアに行くには車が不可欠です。
今後沖縄に行く方は、何よりレンタカーの予約が最優先です。

今回は宮古島旅行で、宿泊したのはお隣の伊良部島でしたが、同じくレンタカーがなかなかありませんでした。
旅行することを決定し、飛行機とホテルを手配したのが7月後半でしたが、その時点でいくつかの検索サイトで宮古空港貸し出しには一切車がなく、唯一出てきたレンタカーは3日で5万5千円が1台だけ。ちなみに平日出発です。
さすがにその値段では旅行をあきらめるレベル(笑) 
出発までにどこかにチャンスはないか、しばらく様子をみることに。

イラフSUIは空港から無料送迎付き

今回の宿泊はイラフSUIさん、調べると、イラフSUIさんでは事前にお願いすれば空港まで無料で送迎してくれるサービスがありました。

www.suihotels.com

これは大変ありがたかったです。
というのも宮古空港からホテルのある伊良部島までは結構な距離があり、タクシーだといくらになるかわかりません。
何しろ島が違うので、30分以上かかったと思います。

それと、レンタカー貸し出し手続きがいらず、すぐにホテルに向かえるので、ホテルのお迎えは時間の節約にもなりました。
事前の連絡では宮古空港到着口にある、貝でできたシーサー前で待ち合わせしましょうとのことでしたが、

実際はイラフSUIの制服を着た方が到着口のすぐ前で待っていてくださり、駐車場にとめている車まで案内してくれました。

乗合かと思いましたが、私たちだけで大きなバンに乗ってホテルへ。
車内にはお水の用意も。

帰りも出発便の1時間くらい前に到着するようにホテル出発してくれて、そのときもほかの家族の乗合もなく、私たちだけの専用車でした。

(ほとんどの方はなんとかしてレンタカーを借りてらっしゃるのだと思います)

ホテルに近いレンタカー会社を探す

ホテルまでの移動手段は送迎をお願いして確保しました。
それでも1日くらいは島を自分でドライブしたいなぁと思って、一日だけレンタカーを借りようと思いました。
ホテルは宮古空港から遠いので、GoogleマップでまずイラフSUIを探し、付近検索でレンタカーを表示すると、一番近いのがWE・RENTACARさんでした。

WE・RENTACAR下地島空港店

検索で探したレンタカー屋さん、WE・RENTACAR下地島空港店
werentacar.jp

場所はイラフSUIと同じ伊良部島にあります。

マップで見て、タクシーで直接向かってもいいかなと思って電話してみると、ホテルまで送迎してくれる、とのこと。
WEBサイトでは軽トラしか出てこなかったのですが、我が家は軽トラ所有しているので問題なし。
電話では
「同じ値段で軽自動車を用意しましょうか?」
「軽トラはマニュアル車ですがオートマじゃなくて大丈夫ですか?」
と言われました。(のちのこの軽自動車の申し出をなぜ断ったのか後悔しました)
「いえ、軽トラックで大丈夫です」
と答えました。

軽トラレンタカーの料金

この時の料金ですが、1デイで、

基本料金:4,300円
オプション料金:2,200円
オプション内訳
・免責補償料(CDW)×1=1,100円
・免責α(NOC)×1=550円
・免責MAX(NOC)×1=550円

合計6500円

↓補償の詳細↓
https://werentacar.jp/hoken.html

CDWは免責額を0円にしてくれるもの、NOCは事故で使えなくなった場合の営業補償料を免除するもの、最後の550円はCDWでカバーできない自損事故の免責額を無料にするものです。
、保険をNOC込でフルに付けることにして、4900円+1600円(保険)=6500円で契約です。安い!!
https://werentacar.jp/hoken.html
車の保障はCDW(免責補償料)とNOC補償

車の状態からしたら、レンタカー料金は決して安いとは言えないのですが、これに個別の送迎もあり、よくしていただいた、という印象です。

臨機応変で親切な対応

借りたのは2泊3日の2日目だけなので、2日目の朝、営業所に行こうとしていましたが、前日の貸し出し手続きOKとのこと。
当日17時半ごろ、お迎えに来ましょうか?と連絡が来ました。
(連絡は全部WEB上のチャットのようなもので完結しました。)
しかしイラフSUIでは日暮れ前の1時間ほど、シャンパンディライトというシャンパンが宿泊者にふるまわれるイベントがあります。
この季節だと18時半ごろ日没なので、その時間にレンタカーを借りに行くと間に合わない・・
なので、もう少し早い時間がいいなと思いましたがチェックインが何時になるかわかりません。
それらのことをチャットで相談すると、空港からホテルに向かう時に連絡してください、とのこと。

言われた通り、車に乗ってすぐ電話しました。(ほかのお客様いなくて助かりました)
空港から30~40分してホテルに着いた頃、WE・RENTACARさんもホテルに到着して電話がかかってきました。
なので、チェックイン手続きをしている最中に続きは夫にまかせ、私だけ送迎車に乗り、レンタカーを借りに行きました。
明るいうちに向かえてよかったです。

車はかなり癖強め!よほどのマニア以外はおすすめしません

到着した場所は営業所が遠くにプレハブっぽいものが見えましたが、砂地の無舗装の駐車場にとめてある野ざらし軽トラの前でそのまま手続きです。
支払いはカードなら今できない、とのことで返却時後払になりました。
車はダイハツのハイゼット、車の傷をチェック、、と言われましたが、正直、傷だらけです。

ドアも開けるとき何かが当たる音が毎回して、たてつけが悪いです。
どこかぶつけたのか、バンパーがへんな形をしています。
我が家のサンバーより年式は新しそうですが、傷みがひどい。海の錆?
ナビはもちろんない!とのことで、iPhoneなどのナビを使うしかないのですが、端末を充電する設備がありません。
持参するのを忘れた、シガーソケット用の充電器って貸し出し無いですか?と聞くと、
「あ、じゃこれ使ってください」
と、送迎車から取り外したUSB充電器を貸してくださいました。助かりました。

マニュアル車ですが、クラッチが深いところで合わせる感じで運転しづらく、営業所を出てからホテルに着くまで、変な汗をかきつつ一人で運転して帰りました。
明るいうちで良かった・・そして自分が方向音痴じゃなくて良かったと思いました。
iPhoneでマップを見ながらなどの余裕なんてなかったです。
送迎車でレンタカー屋さんに向かうとき、道を確認しながら向かっていたので帰るときはなんとかスムーズにホテルに着きました。

伊良部島は街灯が少ない・信号もあまりない

2泊3日の滞在で、夜ご飯を外に食べに行くとしたら、先に翌日分として貸し出ししてもらった到着日のみでした。
しかし夫は既に沖縄に来る前から飛行機で飲酒しておりました。(プレミアムクラス)
宮古島はまだにぎやかな場所がいろいろありましたが、伊良部島はレンタカー屋さんまでの往復で街灯がほとんどないな、とわかりました。
街灯だけでなく、信号も・・。

とても夜間外には出かけられないと思い、せっかく前日に車を借りましたが夜のドライブは断念しました。

タオルをシートカバー代わりに使う

宮古島旅行、荷物を少なくするために綺麗め系のワンピースを3枚だけしか用意してませんでした。

軽トラがあまりにも汚いお手入れが十分ではないので、ホテルの入り口にお出かけ用に置いてあるバスタオルをお借りし、シートカバー代わりにしました。

こんなに汗かくとは思わなかった・服装選びを間違った

エアコンがあまり効かなかったのと、この日は10月にも関わらず、30度くらいの夏日。体感的にはもっと暑かったです。
次回は楽で気軽に洗濯できる服が必要だと思いました。1日着ていた服は汗と宮古そばのスープが飛んで、帰ったら即クリーニングです。
とにかく暑くて、最後は絶景スポットでも車のエンジンかけたまま、一人ずつ写真撮りに行く作戦。

日差しがヤバイ、宮古島

昼前から16時くらいまでの数時間のドライブで、ありえないほど日焼けしました。
夫はAppleウォッチのバンドの跡がクッキリ(笑)
レンタカー会社の人がいうには宮古島の紫外線の強さは本土とは比べ物にならないくらい強いらしく、各化粧品会社が日焼け止めのテストをするのが宮古島なのだそう。
そういえばイラフのアメニティの中に日焼け止めがあったな・・。
10月でしたが、日焼け止めとラッシュガードは必須でした。
ビーチにいる人が真っ黒になっているのもうなずけます。

衝突寸止め、夫婦二人の人生が終わるかもしれなかった瞬間

朝、出発した直後でしたが、伊良部島のとある十字路に「宮古島まもる君」がいました。

私は助手席に乗っていたのですが「写真撮りたいから減速して」と言った瞬間、ダンプが目の前を通過。夫はブレーキを踏みましたがブレーキが甘くて本当にダンプの横腹で寸止めでした。今思い出してもヒヤッとします。
まもる君いなかったら死んでたね!と今でも言ってます。
または私がハンドル握ってたら、もっと飛ばしていたかも・・。

宮古島の十字路は信号もなく、ミラーもないところが多くて、サトウキビ畑で草木が邪魔で横道からの見通しが悪いところも多数でした。
優先もどっちかわかりません。

他にも民家の間の道を走っていて、ネコが走ったり、おばあが家の陰から道に出てきたり、山道で野犬もいました。
畑の中の道とか、穴があったりぬかるみがあったりで、結構危険。
逆に傷だらけの軽トラで良かったかも。。建設ラッシュで工事現場も多く、埃も凄いです。

それでも借りてよかった!素晴らしい風景の連続

我が家の旅行はホテルステイだけっていうのも多いのですが、宮古島に関しては軽トラでもドライブして本当に楽しかったです!
車がないとなかなか行けないところばかり。

白鳥岬公園

ドライブして最初に車を降りたところ。
実は三角点を目指していて通り過ぎてしまい、偶然たどり着いたのです。
ここでも十分綺麗な景色が見れました。海の透明度がすごいです。

三角点

場所はイグアナ岩近く。

(イグアナ岩もまた立ち入り禁止になってるみたいです)
三角点は今は危険なので通行止め(立ち入り禁止)になっていて、Googleマップからも削除されていますが、多数の車が路上に止まっていたので入り口がわかりました。

崖の上から見る絶景なので夫婦仲悪いと背中押されても、足を踏み外したと言われそう。
足元が安定しない岩場なので、高いところが大好きな私でもiPhoneで写真を撮るとき結構足が震えました。

iPhoneもスタビライザーで撮ろうと思ったのに角度がうまく安定せず、結局全部外して手持ちで撮ったので、iPhoneも落っことしそうで怖かったです。
そこに行くまでの道も蛇が出そうな藪の道です。危険生物にかまれたりさされたりしそうですし、足元にのびる植物、切株など、足首も傷だらけに。
小さなお子様づれや高齢の方など、足元がフラっとしたらもう命がなくなるレベルの危険度です。綺麗だけれど、おすすめできない場所です。

下地島空港17END

ここで飛行機の下腹を見ようと思ってましたが、何しろ着陸機が少なすぎ、1機目は到着が間に合わず。

着陸・出発する飛行機のフライト予定はメモして持っていきましたが、駐車場側にまわる時間がなくて、最初は海に向かって滑走路左側であわてて撮影。

その後次の飛行機を狙って反対側にまわりましたが、夫の安全運転でエンドまで行く前に着陸してしまい、、

逆にその次の出発機は逆方向へ。。
でも海は凄くきれいでそれだけでも見る価値はあります。

そこで夫が暑すぎてもう嫌じゃと言い出し終了です。次回の楽しみですね。

伊良部大橋

絶景の橋としてあまりにも有名ですね。

ホテルの送迎車で前日も通りましたが、そのときは後部座席で前は塩ビのシートがあってよく見えなかったので、軽トラで動画を撮ってみました。
軽トラは本当に汚かったけれど、窓だけは綺麗に磨いてくれていてありがたかったです。
帰りの空港までの車は行きと違って仕切りもなく、ちょっと車を停めてくれたので写真が撮れました。
駐停車禁止だけどみんなとめてるよーと。ゆるい。。

ちょうじ屋の宮古そば

宮古島の予習をするとき、よくYouTubeで拝見していたsenaさんの動画で、ここの宮古そばが一番おいしいとおっしゃっていたので宮古島まで渡ったついでに行ってみました。


お店の冷房がそれほどきいてなくて汗だくでいただきました。
ここは道の駅みたいになっていて、お土産もたくさん買えたし、雪塩ソフトもいただきました。

HARRY'S Shrimp Truck /ハリーズ

ここはガーリックシュリンプが有名なのですが、同時にとても景色がよいところとのことで向かってみました。

もうお昼は食べていたので持ち帰りにしてもらって。

駐車場の奥に展望台があり、素晴らしい景色が見られました。

池間大橋駐車場

池間大橋を渡る手前の駐車場ですがいったん渡った後戻ってきて立ち寄りました。
ここから見る海が凄い色。正直池間大橋やこの駐車場から見る海が宮古で自分が見た中では(数が少なく恐縮ですが)一番美しいと思いました。

返却時の対応と支払い

伊良部島のガソリンスタンドは3軒のみ

島のガソリンスタンドはGoogleマップにのっているかぎりは3軒のみ。
レンタカー会社に近いところは2軒です。

地図で調べて向かっても、けっこうわかりにくいので注意が必要です。
写真のように近くまで行っても看板しか見えません。

ここで給油するとビックリするような値段のガソリン代になりました。
4000円越えです。
決して単価が高いだけではなさそう。
毎年何回も沖縄本島でレンタカー借りますが、2泊3日でもここまで給油したことはありません。

返却に向かう・すべて車で完結

営業所っぽい建物に向かおうとすると、「そこでまっててくださーい」と言われ、貸し出しした駐車場で待っていたら来たときと同じ送迎車がきました。

手続きは車の中で終わりました。
ガソリンがたくさん入ったこと、貸し出し当初のメーターが満タンじゃなかった証拠写真を見せると、距離で計算してくれて、ガソリン代は700円ですねーと。私の支払ったほとんどのガソリン代分を値引きしてくれて、支払い2800円になりました。
あれ、ガソリン代700円と言われていたけど、結局3700円もガソリン代過給として返却してくれたので、安すぎたのでは・・・。
(その時控えが出ない、と言われたので後からカード会社の請求を見たら2800円レンタカーになってました)

支払いですが、決済端末を使おうとすると、iPadの充電が無い、と、(私が充電器借りてたから?(;'∀'))、ホテルに着くまで送迎車で充電をして、到着したらちょうど玄関前に別の車が到着して荷物を下ろしていたのでその間にカードで決済しました。

車は我が家でも語り草になるくらいぼろかったけど、よくしてくださったと思います。
次にイラフに行くとしたら下地島空港利用で行くかもしれないのでそのときはまたお世話になります★

おまけ↓
リール動画です。

https://www.instagram.com/reel/CjViVjgP-ca/?igshid=YmMyMTA2M2Y=