ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、長距離の国際線ファーストクラスやビジネスクラスで使う方針でやっています。初ビジネスクラスは2002年ロサンゼルス行き。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ニューヨークからアムトラックでフィラデルフィアへ日帰りの旅④(イースタン州立刑務所・アル・カポネも住んでいた!?)

春先何かと忙しくなかなか連続で書けないのですみません。とりあえず週末の野球観戦も中止になったので重い腰をあげました。
昨年秋のニューヨーク旅行で、日帰りで近郊のフィラデルフィアに行きましたが、フィラデルフィア美術館に続く観光名所はなんと刑務所!

f:id:lucamileagelife:20200324014920j:plain

フィラデルフィア美術館からイースタン刑務所までの移動

事前にあまり細かな打ち合わせをしなかったせいか、夫に美術館の次に刑務所に行きたいというと、
「ええーそんなとこ行きたくない」
「バス?そんなの乗らずに歩こう」
などと、なかなか意見が合わなかったのですが、結局徒歩で行ける距離だったのでせっかくの1デイパスも使わず徒歩でフィラデルフィア美術館からイースタン州立刑務所へ。
歩き始めてみるとなかなか人通りが少なく、微妙な雰囲気の街に、
「ちょっと徒歩ってどうだったのかな?」と思ってましたが、まぁ、女子一人というわけでもないし、距離としては0.7マイル、なんとか大丈夫です。

ちなみに美術館も刑務所もフィラデルフィアの市庁舎のある中心部から見れば結構な高台にあるため、横の移動にたいしたアップダウンはありません。
そこから帰り道、15丁目mまでは途中でバスに乗りましたが、たとえ歩いたとしても30分くらいじゃないでしょうか?

こちらは移動を始めてから気づいたロッキー・バルボア像です。
人だかりができていて気付きました。美術館の中より人が多かったくらいです(笑)
f:id:lucamileagelife:20200320034808j:plain
場所はフィラデルフィア美術館の階段を降りて左に歩いた歩道のそばにあります。

刑務所に行く、行かない、でもめていたのでちょっと中途半端なところから東に移動。
歩いている人はほぼいません。

イースタン州立刑務所

イースタン州立刑務所の公式サイトです。
オープニングの動画を見るともうかなり雰囲気は伝わると思います。
www.easternstate.org

オンラインでチケットを買うと2ドル安いのですが、現在はコロナウイルスの影響で3月末までチケットサイトも刑務所も閉鎖中です。
tickets.easternstate.org

刑務所として使われていたのは1829年から1971年までだそうで、建物はゴシック様式の石造りで堅牢なつくり。
石積みの壁なんて登れるのでは?と思ったけれどよく見たら、
f:id:lucamileagelife:20200320035923j:plain
目地をちゃんと詰めてます。抜かりない!

刑務所のレイアウトはこんな感じ。
f:id:lucamileagelife:20200320040322j:plain

まんべんなく歩くと結構時間がかかります。
この日は中学生のツアーで一部が貸し切りになっており、全部は制覇できませんでした。

刑務所の中にあったであろう、歯医者さん?の椅子。
f:id:lucamileagelife:20200324015711j:plain

ほとんどの独房は同じような広さとつくりで、一部は中に入ることができます。
これはかなり良い状態のほう、ひどいのはもっと汚く、廃墟感あります。
f:id:lucamileagelife:20200324015822j:plain

別格の扱いを受けたアル・カポネの独房はホテルか?というお部屋。
お金さえあればなんでもできるんですね。一説には他のギャングから身を守るために自ら入ったとのこと。
f:id:lucamileagelife:20200324015905j:plain

アル・カポネとキャデラック

たしかアル・カポネが最初に入った刑務所がここ、イースタン州立刑務所で、1929年から翌年まで約8か月過ごしたとのこと。
アル・カポネはアメリカで有名なギャングですが、彼が刑務所に入った後、政府に接収された防弾仕様のキャデラックはなんと大統領専用車としてルーズベルト大統領が使用したとのこと。
キャデラックといえば私の母がアメリカに住んでいた時代に乗っていましたが、母にも逸話があります。
当時住んでいたロサンゼルス郊外からアナハイムのディズニーに出かけた母は、広大な駐車場で自分の駐車場所がわからなくなり、駐車場係と一緒に、白いキャデラックを延々探したものの見つからず。自宅に帰ったら、家には白いキャデラックが(;'∀')
その日は家族の別の車で出かけていたとのことで、乗っていった車を色も車種も間違えて探していたのです。私に似て天然です(笑)

刑務所はナイトツアーもあり

たまたまニューヨーク滞在中にテレビでイースタン州立刑務所の紹介番組をやっていたので観ていたのですが、なんとナイトツアーも開催される日があるようです。
しかし、、、昼間でも結構怖かった。夜は無理無理!!
一部の監房はアートギャラリーになっていたのですが、受刑者ではなく、受刑者によって殺された被害者の写真がヒラヒラと飾られており・・
きっとこの刑務所内の受刑者どうしも抗争の末殺されたりしたんじゃないですかね? 
プリズン・ブレイクの見過ぎ!?
衛生的にも、ボロさ加減もなんとも言えない恐怖が味わえる刑務所です。
なんかいそう!後ろに出そう!

まじめな見学する人には、司法制度についての詳しい研究書類も展示されているスペースがあるので、じっくり見ればかなり時間がかかります。
f:id:lucamileagelife:20200324022655j:plain

迷子になりやすいので迷ったらセンター集合!って約束しておくといいです。
f:id:lucamileagelife:20200324022734j:plain

刑務所から市街地までの帰り道

ここからの帰り道ですが、市庁舎の方面まではほぼ住宅地で特にみどころはありません。
48番か33番のバスで坂道を下り、市庁舎を目指すと、そこから地下鉄でアムトラックの駅、30thステーションに戻れます。
時間が早ければ市庁舎の見学もできます。

私たちは最初歩いて降りようかなと思ったのですが、住宅街の中にあまりにも人が歩いておらず、怖くなってバスに乗りました。
ブロアで落ち葉をぶっ飛ばして掃除(?)している人がいたくらいです。
しかしバスを待ってる間もちょっと止まってると物騒だなと思っていて、早くバス来い!とGoogleマップアプリでバスの到着時間をどきどきしながら待ってました。
1デイパスはバスに乗るとき、見せるだけでOK。

市庁舎あたりまで来たら、お店も多く、にぎやかです。建物もすごくクラシカルで見ごたえ十分。
f:id:lucamileagelife:20200324023424j:plain

市庁舎の地下からseptaの地下鉄が出ています。これは乗ってきた列車とはまた違う路線になります。
f:id:lucamileagelife:20200324023451j:plain
乗り込んで何気に床を見下ろしたら注射器が落ちててビックリ。
車内で使わないで~~(;'∀')

今度は駅がアムトラック駅とはつながっていないので外を少し歩いて駅を目指します。
この建物が見えたら中に入ったらOK!
f:id:lucamileagelife:20200324023657j:plain

フィラデルフィアのアムトラックの駅は割と早めにトラックがわかり、そこにロープが張られて一列で並んで待つので、ニューヨークよりも整然としています。

終わりに

フィラデルフィア、バーンズ・コレクションや市庁舎のタワーに上ったりできなかったなど、やり残したことがたくさんあるのでまた再訪したいと思います。
ニューヨークからツアーで来られている日本人グループにも遭遇しました。ガイドツアーに参加するなら、往復のアムトラックを別にとって現地発ツアーに参加するほうが安くつく場合が多いので、フィラデルフィアまではアムトラックを予約して頑張って自力で行きましょう、慣れたら簡単です。ワシントンやボストンも同じです。私たちは個人で行って、刑務所も美術館もセルフのオーディオガイドで回りましたが、たまにはツアーでほかの人と情報交換しながらめぐるのも楽しそうだなと思うことがあります。

返金・変更不可の前払いの予約も無料でキャンセル可能に・ヒルトンホテル最新情報

コロナウイルスの影響が続く環境下、ヒルトンからメールが来て、4/30までの宿泊予定の予約は前払いのキャンセル不可料金の予約も返金可能との通達です。
マリオットも同様のメールが来ていたので同条件ですね。
f:id:lucamileagelife:20190413173926j:plain


INDEX

ヒルトンからのメールの内容

アプリを開いたら英語でも書かれていましたが、ちゃんと日本語のメールが来ました。
各ホテルのトップにもリンクがあります。
hiltonhotels.jp

抜粋すると、

政府による渡航制限:政府が発令した渡航制限の影響を受ける地域について、引き続き無料で予約内容の変更およびキャンセルが可能です。 ​

​既存のご予約:2020年4月30日(木)までにご到着予定のすべてのご予約は、キャンセル不可(「ヒルトン早期割引」)との記載がある場合でも、ご到着予定時刻の24時間前までであれば無料で予約内容の変更およびキャンセルが可能です。

新規のご予約:2020年3月12日(木)より2020年4月30日(木)までにお申し込みいただいたすべてのご予約は、キャンセル不可(「ヒルトン早期割引」)との記載がある場合でも、ご到着予定時刻の24時間前までであれば無料で予約内容の変更またはキャンセルが可能です。

という内容。

我が家の予約内容と対応

私の手持ちの直近の予約は、
4月:ヒルトン東京
4月:ヒルトン東京お台場
5月:ヒルトン福岡シーホーク

3月の福岡と大阪をキャンセルしたばかりなので、4月はなんとかしていきたいところでまだどうしようか考え中ですが、実はすでに昨年の50%オフのフラッシュセールで予約した金額が現在予約可能な金額を上回っており、行くにしてもまずはキャンセルすることにしました。
アプリのいつものキャンセル方法ではキャンセル不可の赤い文字が出ているので、電話か用意されているフォームでコンタクト予定です。
5月のほうはまだキャンセル不可ですが、ここは延長される可能性が高そうなのでそのままホールドですし、5月の連休で国内が多少落ち着いていたら行こうと思っています。

電話の場合は
ヒルトン・リザベーションズ&カスタマー・ケア 0120-489-852 または 03-6864-1633(東京)

しかしそもそも4月の予定は関東の親戚の法事がらみもあり、そちらがどうするか全く連絡がないままなのですが(;'∀')

重要!今後の予約

新規の予約について重要なメッセージが含まれていましたが、4月末までに予約したら早期割引でもキャンセル可能になるとのこと。
夏以降の予約を今キャンセル可能な料金やポイントで入れていますが、安い料金が設定されていたら変更手続きを!
私もお盆や9月、11月に予約を入れていますが、現在は来年の3月までヒルトンもマリオットも予約可能です。
マリオットもキャンセルに関しては同様の対応でした。こうなったら先に楽しみをとっとくしかないですね。

旅行の判断は慎重に

ここは人それぞれだと思いますが、現状はやっぱり旅行はリスクが高いと思います。
私は普段、職場までは車で通勤し、職場も今は限られた人しか出入りしない場所で勤務しており、接触する人も限られています。
しかし先月と今月はじめ、国内旅行をしていて、新幹線、飛行機、ホテル、駅、タクシー、地下鉄、エレベーター、公共のトイレ、買い物の際の金銭の受け渡しなど、旅行に伴うリスクは尋常じゃないなと感じました。
さらに怖いなと感じたのが、マスコミ報道です。
陽性になったら最後、行動すべて、全国ニュース(;^_^A
しかもうちの職場はもし感染者がでたら、全社(数千人従業員がおります)で1週間クローズということが決まったと聞きました・・。
貰いコロナならまだしも、自ら出かけて行って貰ったらと思うと気が気ではありません。
しかし旅行に行きたい・・ホテルに泊まりたい・・今年のニューヨーク・・・本当に早い終息を願うばかりです。

2020.03.19追記
実際に予約キャンセルの電話をしてみました。
オーナーズの03-6864-1633にかけましたが、平日のお昼休みでしたが30秒ほどの待ち時間ですぐつながりました。

フラッシュセールの予約二つ分でしたが返金されるとのこと。
今回のケースでは通常届くキャンセルのメールは来ないそうです。
別途予約内容のメールがそれぞれ送信されますが、ヒルトン側がキャンセル操作をするためのもので間違いではないそうです。

その後、返金作業は各ホテルの操作になるそうですが、客側からは特にやることはなし、このまま待っていればいいだけ。
最長2ヶ月ほどかかるとのこと。
支払いカードに返金されるので、カードの有効期限が切れていたり、解約したりしていたらその場で伝えるか、後ほどホテルに連絡しなければなりません。
どのカードで払ったか忘れたのですが電話口では教えてくれませんが、自分の心当たりのカード種類と下4桁をこちらから言って、あっているかどうかは教えてもらえます。

そのほか、これからの新規予約(4月末までの予約がキャンセル無料)ですが、コロナウイルスの影響でキャンセルする場合に限り返金対応可能で、もし仮に来年とかの予約を入れてとっくにコロナ騒動終わってた場合は通常通り予約返金不可となりますとのこと。
ただ具体的な条件があるわけでは今のところなさそうです。後日何かしらの条件が出てくる可能性がありますね、

ちなみに用事が済んで切ろうとしたらいつものグランドバケーションの話を聞いたら500ポイントくれるというので、もらえるものはもらっとこうかと話を聞きました。
さすがに今現在のハワイの宿泊プランなどの特典が6月末までのものなので、「それってほんとに行けますか?」と突っ込みたくもなります(笑)
今のハワイ現地の説明会特典ってホテル4〜8泊を格安でっていうもので、無料ではありませんでした。
そのかわり4泊1000ドルも出せばレインボータワーなどにもランクアップできるし、物件に実際に泊まるプランはハワイ島のキングスランドの物件にレンタカー付きなどありました。
皆さんも興味があればキャンセル電話のついでに聞いてみてください。

ニューヨークからアムトラックでフィラデルフィアへ日帰りの旅③(SEPTAで移動、フィラデルフィア美術館へ)

アムトラックはいつも乗っているからいいものの、着いてからのことをあまり考えていなかったので結構現地で苦労しました。
やはり下調べは大事!と実感。

f:id:lucamileagelife:20200311012204j:plain


INDEX

前回までの記事

チケット予約に関する記事
www.lucamileagelife.net

ニューヨークから出発してフィラデルフィアにつくまで
www.lucamileagelife.net

今回はアムトラックでフィラデルフィアの30thステーションに着いてから、最初の目的地のフィラデルフィア美術館までの移動手段などを記載する予定です。

フィラデルフィアの市内観光時の移動手段

フィラデルフィアは30th Street Stationがアムトラックの駅になります。

f:id:lucamileagelife:20200311013558j:plain

その後の移動手段ですが、
・Septa(ローカル鉄道)
・Septa(バス)
などがあります。
Septaというのは公共交通機関の総称のようです。ニューヨークでいえばMTAのような。

ただし、今回、私が行った目的地はフィラデルフィア美術館とイースタン刑務所なのですが、ぶっちゃけここまでは徒歩圏内です。
f:id:lucamileagelife:20200311015401j:plain
正直、今回ご紹介する交通手段で行くより歩いたほうがおそらくはるかに速かったかと・・。

ただ私が単に乗り物好き、ということでローカル鉄道やバスに乗ってみました。
それとフィラデルフィアは治安的にはニューヨークの人がいっぱいいるエリアとは全く違う、ちょっとさびれた寂しい感じのところも随所にあるため、徒歩ルート上に微妙なエリアがあるかどうかは歩かれる場合はしっかり調べてみてください。

下調べ不足でしたが、移動の間に他の方のブログや旅行記をみたところ、
「30thステーションをいったん外に出てSeptaの駅まで移動する」
と書いてあったのがたくさんありました。

実際、帰りは市庁舎から地下鉄に乗り、この地上に出入り口のある駅に出ました。アムトラックの駅までは外を歩いて徒歩5分くらい。
f:id:lucamileagelife:20200311013111j:plain

ですがアムトラックのホームから駅の構内に出る広いホールの中から、外に出ることなくSEPTAのローカル(regional rail)に乗ることができます。
この列車も同じ方向に行きます。同じ列車なのでしょうか?それがいまだにわかりません。
f:id:lucamileagelife:20200311015632j:plain

2020.03.13追記
路線図やSEPTAのWEBサイトで調べたところ、やはり違う列車で、同じ30th STREETの駅名でも乗り場も路線も違うものでした。
・Regional Rail →アムトラックの駅構内で乗り換えられる列車
・Market-Frankford Line →いったんアムトラックの駅から外に出てまた駅舎に入るもの・地下鉄でした。
どちらも市庁舎のある15thに行きますが、Market-Frankford Lineのほうが市庁舎の真下に出るので市庁舎近辺を観光するには便利です。
逆に美術館など、バスに乗り換えていく場合はRegional railのほうがアムトラックからの乗り換えも簡単で、降りた駅ですぐにバス停があるのも便利でした。

柱に書いてある番号はアムトラックのトラック(ホーム)の番号で、いくつかあるトラックから出てくることになるのですが、この写真でいう右奥に向かっていくとRegional railの乗り場に着きます。近くにチケット売り場もあります。
f:id:lucamileagelife:20200311015817j:plain

アムトラックのチケットを見せれば無料で次の駅まで乗車可能です。
ホームに上がるエスカレータのところに係員がたっています。
私は到着した当初は観光する気満々で、職員の女性にもいろいろと助言をもらい、バスにもローカル鉄道にも乗り放題の1日パス(one day independence pass)を買いましたが日帰りでは美術館と刑務所、そして市庁舎くらいしか行けず、結果もったいなかったことになりました。
パスは都度支払いをしなくてよいのは良かったです。(バスでも見せるだけ)

SEPTAの料金について
www.septa.org
この中でいろいろと安い乗車券が書いてありますが、バスにも地下鉄もRegional railにも乗り放題のパスは13ドルのものになります。
それ以外はバス・地下鉄はいいけど、regional railには無効です。

フィラデルフィア美術館に行くまで

結局、無駄使いになるとはそのときは思わずワンデーパスを買い、まずはSepta regional railに乗りました。
アムトラックの到着した同じ構内から出発です。その時点ではアムトラックのチケット見せて無料で乗車です。
f:id:lucamileagelife:20200311022556j:plain
駅の職員の女性に言われたようにWest Trenton行きを待ちます。
10:05出発になっていますが、実際はもっと遅くきました(笑)
車内の様子。平日のこの時間、ほとんど乗ってる人はいませんでした。
f:id:lucamileagelife:20200311022821j:plain
橋を渡りながら、さっきまでいた30thストリート駅が見えます。
f:id:lucamileagelife:20200311022925j:plain

路線図です。15thあたりが市庁舎もあり、町の中心みたいです。
f:id:lucamileagelife:20200311023126j:plain

駅を出て迷いながらも地上に出るとすぐにバス停が。バス停が見つかるか不安でしたがよかったです。
バス停は向かい側にCHASE銀行がある交差点です。

口頭で聞いただけでしたが、Googleマップのルートでみたら言われた通り38番のバスが来るようです。
f:id:lucamileagelife:20200311023357j:plain

なかなかバスが来なかったので、この時点で「歩いたほうが早くない?」と夫が言い出しました(;'∀')
f:id:lucamileagelife:20200311023447j:plain

ようやくバス乗車。
f:id:lucamileagelife:20200311023613j:plain

しかしGoogleマップのルートは信用できない、降りろと言われたバス停は美術館の真裏の、従業員とか入る入り口でしかも工事中。
f:id:lucamileagelife:20200311023810j:plain
最初に美術館が見えた時点でおりたほうがよさそうです。(Google先生の言うことを聞いて、降りずに美術館を半周しました)
結局外をぐるっと歩いて正面に戻りました。

こっちが入り口ですがあまりに巨大すぎてコの字型の正面の建物しか写真に納まってません。広角レンズが必要ですね。
f:id:lucamileagelife:20200311024027j:plain

フィラデルフィア美術館について

フィラデルフィアの観光については、美術ファンとしてはフィラデルフィア美術館とバーンズコレクション、両方の美術館を制覇するのが王道でしょうが、
フィラデルフィア美術館・・月曜定休
バーンズコレクション・・・火曜定休
我が家のスケジュールでは月曜か火曜しか行ける日がなかったため、今回は火曜に行って、バーンズコレクションは次回以降の楽しみとなりました。
スケジュールを立てる際はお気を付けください。

公式サイト
www.philamuseum.org

チケットも公式サイトで予約できます。

コレクションすごいですよ!
こんなのとか、
f:id:lucamileagelife:20200311024813j:plain

こんなのとか。
f:id:lucamileagelife:20200311024849j:plain

人も少なく、見放題です。
美術品鑑賞用のスコープを持参したので、特に宗教画の衣類のレースや刺しゅうの装飾の細かさにいたるまでじっくりじっくり鑑賞できました。

参考までに、私が愛用しているスコープです。軽くて旅行にもいいです。
視野はやや狭めですが特に油彩や彫刻の細部をみるには最高です。

野球観戦にはkenkoの千円くらいのをいくつも持っていて、なくしたり忘れたり、人に貸したりいろいろですが、美術鑑賞用にはビクセンがお勧め。

簡単な昼食

朝ご飯はホテルでしっかり食べてきたのですが、お昼は近くにお店が全然ないので美術館内のカフェで。
f:id:lucamileagelife:20200311025913j:plain
種類も少ないし、買ったもののあまりおいしくはなかったのですが、食べられないよりはマシ?(;'∀')
時間があれば一度また市庁舎近辺に戻ったほうがお店はたくさんありました。
私たちは市内には戻らず、一息ついたら次はイースタン州立刑務所へ向かいました。
それはまた次回。

2020.03.15追記
コロナウイルス対策と思われますが2020年3月13日から月末までフィラデルフィア美術館はクローズ中です。メールが来ました。

コロナウィルスの影響で旅行取りやめ?キャンセル不可の(ヒルトン)ホテルの予約はどうなるか

先週は中止せず決行でザ・リッツカールトン大阪に宿泊したのですが、大阪旅行といってもホテルから一歩も出ず帰宅しました。
ただ、昨年のフラッシュ・セールでヒルトンをたくさん予約したのでキャンセル不可の予約がまだ残っています。
昨日電話でいくつかのホテルに直接問い合わせてみました。

f:id:lucamileagelife:20191207011636j:plain


INDEX

フラッシュセールとは

ヒルトンが開催している、50%オフセールのことです。
少ない時は年1、最近は多くても2~3回の頻度で行われていますが、72時間のセール期間で、向こう半年程度の予約を入れることができます。
ただしデメリットとして変更ができず、キャンセルしても返金されません。
ポイント予約のノーショー(宿泊施設に行かないこと)は当日のスタンダード料金を請求されるのですが、フラッシュセールの場合は無連絡で行かない場合は返金がされないだけで、それ以上のキャンセル料の加算はありません。

そのため、価格相場に需要に対して大きく下がった場合はセール価格より宿泊直前の前払い料金のほうが安かった、という逆転が起きるリスクもあります。
ホテルの価格は需要に応じて随時変動するため、キャンセルできる予約の場合は泊まるまで頻繁にウォッチする必要がありますが、フラッシュセールで予約した場合はもう見ないほうが精神衛生上いいかも。

各ホテルの対応

自分が現在予約を持っているホテルに問い合わせた結果です。
備忘録として記録しておきます。

ヒルトン福岡シーホーク

フラッシュセールの予約は本来キャンセルできませんが、今回は日付の変更はできるとのことでした。
私の場合は5月の予約ですが現時点でももっと先の予約に変更できます。
その場合はその新しい予約日の価格からセールで払った料金を差し引いてくれるとのこと。

驚いたのは、エグゼクティブラウンジも、4階のレストラン、シアラも通常のビュッフェスタイルで今まで通り提供をおこなっているとのこと。
今後はどうなるかわかりませんが、3/4に問い合わせた時点ではそういわれました。

ヒルトン東京

ヒルトン東京もフラッシュセールの予約分は年内の日付に振り替え可能とのことでした。
私の予約は4月ですが、ヒルトン福岡同様、延期はできるようです。キャンセルの場合は返金なし。
ただし、3/20頃までに連絡くださいとのことでした。
もちろん差額は必要です。

レストランやラウンジの営業については、エグゼクティブラウンジは朝食の提供をしておらず、その他は通常営業、朝食提供はマーブルラウンジで、とのこと。マーブルラウンジってビュッフェですよね。そこはそのままって、エグゼを閉める意味あるのかな(;'∀')
ホームページを見ると、ルームサービスでもOKとなっていました。

ヒルトン東京お台場

こちらはキャンセルについては特別な対応はしておらず、返金も延期もできないとのことでしたが、今後対応が変わるかもしれないので4月以降のキャンセルについてはまた後日連絡くださいとのことでした。
(私の予約は4月です)
柔軟な対応はしています、ということと、上席に聞いてきます、とのことでしたが、今のところは自分もまだ予定をどうするか決めていないため、保留としました。
私の4月の予定は新宿とお台場を1泊ずつでしたが、できればウロウロせず、連泊したいので、こちらが変更不可な場合は新宿のほうを秋くらいに先延ばしにし、お台場連泊かなと考えています。

エグゼクティブラウンジの営業ですが、オードブルなどはビュッフェではなくプレートに盛り合わせて提供しているそうです。

そして朝食場所のシースケープです、公式ページに書いてありました。↓

<ビュッフェ形式での料理提供の一時休止のご案内>
新型コロナウイルスの感染拡大の防止とお客様の安全を考慮し、2020年3月4日(水)より3月15日(日)まで「シースケープ テラス・ダイニング」における朝食・ランチ・ディナーのオペレーション方法をビュッフェ方式からオーダー方式に変更いたします。朝食は和もしくは洋のセットメニューからいずれかを選択。ランチ・ディナーはアラカルトおよびセットメニューからオーダーし、デザートビュッフェはプレート方式の提供となります。
お客様には大変ご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

エグゼクティブラウンジ(3F)
・2020年3月4日(水)より「エグゼクティブラウンジ」における、提供方法を変更いたします。ティータイムはケーキ3種類とスナック3種類をワンプレートにてご提供し、カクテルタイムはオードブルとドライフードをワンプレートにて提供となります。

2月に泊まった沖縄や福岡は普通だったのですが、一気に状況が変わった感じです。
今後の動向が気になるところです。

コロナショック?ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブラウンジから素敵ビュッフェが消えた日

リッツ・カールトン大阪に泊まっていましたが、初めて経験した素敵なクラブラウンジが急転直下、朝起きたら朝食は閉鎖、その後もビュッフェスタイルの提供がなくなってしまいました。
初めてのリッツ・カールトン大阪のクラブラウンジ、まぁ、半分でも経験できたし、翌日のラウンジ運営も、工夫と心遣いが随所に感じられて、これはこれでよかったです。

f:id:lucamileagelife:20200303011040j:plain


INDEX

大阪行き決断まで

出発した先週末、コロナウイルスの影響で、いまだ感染者の出ていない中国5県にウイルスを持って帰ったらえらいことなので、最後までキャンセルするか悩みました。
(まぁ、実際広島で出ていないのはほとんど検査してない→陽性も陰性も出ないだけかと思ってますが・・)
クラブラウンジについても、運用はどうなっているのかな?と思って電話で問い合わせしたところ、
「通常の営業を行っております」
との回答。
それならいっそホテルからは一歩も出ず、クラブフロア滞在を楽しもうと、クラブルームを予約し、行くことに決定しました。
そのあとで学校が休みになるなどのいろいろな対策が出てきたので、ちょっと決断早まったかなと思いましたが、キャンセル期限は過ぎたし、しかたないと言い聞かせて(;'∀')

あ、キャンセル期限は2日前、土曜泊だったので木曜の23:59が期限です。
しかしホテルについてから確認したら、3/31までは先払いの予約のキャンセルでも返金には応じる対応を現在とっているそうです。

1日5回のフード・プレゼンテーション

今回の予約はアメックスのファイン・ホテル&リゾート(FHR)からです。
FHRの特典は
・朝食無料
・12時チェックイン
・16時チェックアウト
・100ドル分の館内のクーポン
など。
朝食がつくだけでも十分幸せですが、マリオットのゴールドなので通常のレイトチェックアウトは14時ですから16時となると嬉しい!しかも12時チェックアウト・・

リッツ・カールトンのクラブラウンジは以下のフードプレゼンテーションがありました。
f:id:lucamileagelife:20200303014231j:plain

・朝食        07:00~10:00
・軽食        11:00~14:00
・アフタヌーンティー 14:30~16:30
・夕食前の前菜    17:00~19:30
・ナイトキャップ   20:00~22:00

となると、12時にチェックインすると、軽食からスタートし、翌日のアフタヌーンティーまで1巡以上の7回?

通常の宿泊だと、

チェックイン 3:00 p.m.  チェックアウト 11:00 a.m.

なので、アフタヌーンティーから始まって朝食で終わる感じなので、実質4回ですね。
チェックアウト時にお昼を食べて帰るなら、5回でしょうか。
(ラウンジ利用はチェックアウト後30分と書いてありました)

マリオットのゴールド会員(SPGアメックスからなど)では、14時までレイトできるので同様にコンプリートという感じですが、FHRはさらにアーリーチェックインもあり、レイトも16時までなので、予定では7回楽しめたはずが、その後の諸事情で6回+レストランとなりました。

到着、クラブラウンジでチェックイン

今回はクラブルーム予約にしていたので、正午前に到着しラウンジでチェックインしたいと申し出、1階のフロントには寄らず上に上がるエレベータまで案内してもらいました。
大阪のリッツは初めてなのですが、エレベータはセキュリティがかかっていてキーカードなしで自分だけで上がることはできません。

ラウンジ入り口、写真は夜撮ったもの。
f:id:lucamileagelife:20200304030505j:plain

他のホテルは部屋番号を伝えたりしてラウンジに入るところもありますが、ここはクラブルームのキーがないと上がれないこともあるせいか、皆さん入室したらさっさと奥に向かってました。
新参者なのでとりあえず座って、おしぼりが運ばれ、飲み物のオーダーを聞かれたのですが、ほかにもチェックイン中の人がいて、かなり時間がたってからチェックインの手続きが始まりました。それまでは勝手にいろいろ食べて待ってた感じです(笑)
f:id:lucamileagelife:20200304025220j:plain

1回目・お昼の軽食

到着時はちょうど正午ごろ、11時からお昼の軽食のサービスが始まっている時間帯なので、落ち着いた感じの込み具合でした。
考えてみたら昨年の東京のリッツはクラブルームじゃなかったし、マリオット系のクラブラウンジは東京マリオットに続いてまだ2回目です。
自分の経験の中ではコンラッド大阪やコンラッド東京と同格か、こっちがやや上かな?といった印象でしょうか。

軽めの昼食にぴったりなブリオッシュサンドの中身はスモークサーモンとゆで卵、大き目にスライスされたオニオン。
オープンサンドのほうはグリルチキンが美味しかったので上だけ食べました(;'∀')
f:id:lucamileagelife:20200304021020j:plain

隣の冷蔵庫の中の冷製オードブル。パンにあうパテ、スティックが可愛い。
上の段の中身は蟹のサラダでした。
f:id:lucamileagelife:20200304022646j:plain

お皿にとってきた状態。
f:id:lucamileagelife:20200304022921j:plain

ライブキッチンは麺類の提供。この日は素麺。
f:id:lucamileagelife:20200304022952j:plain

お酒はこのほかにバーカウンターで作ってもらったり。瓶ビールも冷蔵庫に。
え、、昼から飲める?これはいとこのお姉ちゃんとまた来なきゃ。
f:id:lucamileagelife:20200304023015j:plain

お姉ちゃんとのホテル巡りの一部↓
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net

2回目・アフタヌーンティー

アップグレードしてもらったスイートのお部屋の用意ができたのが14時頃だったので一度部屋に入った後、14時半からアフタヌーンティーへ。
ビュッフェスタイルにプラス、素敵な三段プレートです。
f:id:lucamileagelife:20200304024814j:plain
ゲストと一緒で3人+子供で、これを二つもってきてもらいました。
私は基本あまり甘党ではないので、セイボリーの海老のタルトが美味しかったです。
パテのサンドイッチはちょっと辛めで小さい子には無理な感じでした。

ほかにもビュッフェのところにいろいろあります。

※同伴料金は1回のフード・プレゼンテーションごとに6000円+税サ=7590円(サービス料は15%)。5歳以下は無料。

子供連れのかたはとっても多かったです。ソファ席がお勧め!
子供用のカトラリーと小皿ももってきてもらえました。
f:id:lucamileagelife:20200304025400j:plain

3回目・夕食前の前菜

部屋でオープン戦観戦した後、再びラウンジへ。

見た目が素敵な前菜の数々。
f:id:lucamileagelife:20200304025839j:plain
f:id:lucamileagelife:20200304030131j:plain

和食のホットミールもいくつかありました。湯葉豆腐など。
f:id:lucamileagelife:20200304030234j:plain

前菜といっても、ちらしずしなどもあり、もう外に行かなくても大丈夫な感じです。
f:id:lucamileagelife:20200304030323j:plain

全く脂っこくないあっさりした淡泊なチャーハン。
f:id:lucamileagelife:20200304030703j:plain

ケーキで締め。しかし食べ過ぎです。
f:id:lucamileagelife:20200304030341j:plain

そもそも夕食前の前菜なのでせっかく大阪に来たし、もつ料理あらたに行きたいなぁと思ってましたが、夫が飲みすぎて外に行けそうになく、結局ホテルから出ませんでした。

4回目・ナイトキャップ

このあと、ナイトキャップ前に夫が部屋でいったん爆睡してしまい、私は持ち込んだPCで仕事、気づいたら21時を過ぎていたので起こしてまたラウンジへ。

この時間帯はチョコレートやスナックなどが中心。
ひたすら飲むだけという感じ。私は飲んでないのでちょっと退屈でした。

朝、衝撃のレターが!その後朝食はレストランにて

ゆっくり起きて、ちょっと遅いくらいの8時半ごろ、朝食に行こうと部屋をでるとき、差し込まれていたレターに気づきました。
f:id:lucamileagelife:20200304031515j:plain

もともとFHRに朝食特典があったのでクラブラウンジではなくスプレンディードで食べようと決めていましたが、この文面ではクラブラウンジでの朝食提供はなく、レストラン朝食に切り替えたようです。
今後がどうなるかはわかりませんが、ビュッフェ提供中止の政府要請とのことで、たちまちこの日はクラブルームの人はスプレンディードで、とのこと。
これは混むかもしれないと、急いで1階へ。

幸い待ち時間はほぼなく、席へ案内されました。
ラウンジの朝食の閉鎖は昨晩20時に決定したとのことでした。
朝食メニューですが、アメリカンブレックファストのセットメニューか、和朝食か、アラカルトの三択です。
f:id:lucamileagelife:20200304032954j:plain
我が家はもちろんアラカルト。ここに書かれているメニュー以外も注文できます。

そこから1品ずつの待ち時間が長かったです。
隣の方はアメリカンブレックファストにされていましたが同じくらいの待ち時間でした。
なので途中入り口を見るとかなり人が並ばれていました。

まずトマトジュースをオーダー。それからこの日のスムージーはブルーベリー。
f:id:lucamileagelife:20200304032035j:plain

かぼちゃのスープ。
f:id:lucamileagelife:20200304032126j:plain

夫のオーダーがカプレーゼサラダ。
f:id:lucamileagelife:20200304032155j:plain

私のはグリーンサラダです。
f:id:lucamileagelife:20200304032324j:plain

夫オーダーのエッグベネディクト。私のオムレツのないのでシェアして半分こ。

時間がかかってかなり後からきたのですがオーダー順から言えばトリュフオムレツ。
f:id:lucamileagelife:20200304032428j:plain

夫オーダーのパンケーキ。ワッフル頼んだのに間違って来たみたいです。このまま頂きました。

それとフレンチトースト。これは絶品。
f:id:lucamileagelife:20200304032650j:plain

フルーツの盛り合わせ。一人分です。
f:id:lucamileagelife:20200304032727j:plain

ここまででコーヒーをもらってなんと2時間!
カトラリーも毎回交換してもらいましたし、コース料理となんら違いない感じで、スタッフさんも大変です。
お皿がいやにシンプルなものですが、普段もこれ??初めてきたのでよくわかりません。どこかから借りてきたような?

何もない、ビュッフェエリア。早くコロナ終息しないかな。。
f:id:lucamileagelife:20200304032851j:plain

5回目・一巡後またお昼の軽食

運動した後、お昼を食べに。クラブラウンジは開いていましたが、お料理はこのプレートで運ぶそうです。
f:id:lucamileagelife:20200304033258j:plain

飲み物も持ってきてもらう形式でした。
お蕎麦もオーダーです。
f:id:lucamileagelife:20200304033441j:plain

昨日は本当にいろいろなものをいただいたので、正直プレートの提供のフードだけだと物足りなさがあります。
かわったばかりだから、またいろいろと工夫されるかと思われます!

6回目・再びアフタヌーンティー

16時前にチェックアウトするとき、待っていたら、
「お召し上がりになりますか?」と聞かれて、持ってきてもらいました。
またまた3段プレートです。
f:id:lucamileagelife:20200304033750j:plain

ちなみにアフタヌーンティーは基本毎日メニューが同じそうですが、3か月ごとにチェンジするらしく、ちょうどこの日(3/1)から新しいメニューに切り替えでした。
可愛いデザインになっていてワクワクします。

夫は、、最後までモヒート飲んでました(;'∀')
f:id:lucamileagelife:20200304033910j:plain

いま、クラブルームを予約するべきか?

いま、大変なときで制約ももちろんありますが、リッツでこの価格?というくらいお値段もリーズナブルになっていますし、いつもとは違ったラウンジの運用も、これもいい経験だなと思って滞在を楽しめばいいかと思います。
お客様は確かに減っていますが、そのぶん、スタッフの方に大切にしてもらえます!

飲み物もお料理もすべてスタッフさんの手でつくったものを運んでもらえますし、ある意味、前日のビュッフェ+トングより安心な感じがしました。ラウンジ内にもアルコール消毒があります。
前日までは用意されていなかったナイフレストがお昼に置いてありました。
f:id:lucamileagelife:20200304034459j:plain
リッツの名前入り!

最初にチェックインしたとき、お隣のご夫婦のご主人が、
「クラブのないステイはないな、ノークラブ・ノーステイ。」
とおっしゃってた、名言だと思えました。
ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブラウンジ、早く通常営業に戻ってまたリピートしたいですが、今のラウンジも普段体験できないイレギュラーな運用で、それはそれで十分楽しめました。

ニューヨークからフィラデルフィアへ日帰りの旅②(アムトラック乗車編)

昨年秋のニューヨークからアムトラックの日帰り旅、今度こそ、ニューヨークを出発します。
実は下調べが不十分でちょっと苦労しました。


INDEX

出発点はペンステーション

前回の記事はこちら。予約の方法を書きました。
www.lucamileagelife.net

アムトラックの出発は34丁目のペンステーション(ペンシルベニア駅)です。

実は地下鉄駅の34th駅はたくさんあるし、ペンステーションといってもどこから入っていいか、初めてだったら迷います。
地下は結構つながっているので自分の宿泊ホテル近くの地下鉄駅からアクセスするといいのですが、Amtrakの表示はあまりなく、段差もあるので、地上からアクセスするほうがわかりやすいです。

一番わかりやすいのが7thアベニューからアクセスする入り口で、アイスホッケーのあったマジソンスクエアガーデンの入り口のすぐ横で、ここからエスカレーターで降りていくと、広い駅構内に出ます。
駅はニュージャージートランジット(NJトランジット)と兼用なのでエスカレーターで降りたらまずニュージャージートランジットの表示がありますが
f:id:lucamileagelife:20200228032622j:plain
奥に進むとアムトラックの待合やホームが見えてきます。
f:id:lucamileagelife:20200228031400j:plain

待合室で時間まで待つ

ペン駅ではアムトラックのホーム(トラック)が何番から出発するかは10分前くらいまでわかりません。
(すべての駅がそうではなく、ワシントンなどはわりと早くから表示がでます)
早めに行ってもホームがわからないので、アムトラックの乗客専用の待合室で待ちます。入り口で切符や乗車用のQRコードを見せれば入室できます。
f:id:lucamileagelife:20200228032646j:plain
(写真は待合の中から入り口を写したもの)

トラック表示を見守る

待合の中でも電光掲示板はありますが、何しろアムトラックは自由席、なるべく早く並びたいので、15分くらい前にはホームの入り口付近に移動し、素早く動けるようにしたほうがいいと思います。
f:id:lucamileagelife:20200228032731j:plain

7:42時点でトラック表示が出ているのは7:44発と7:49発だけ。
この表示だと、
7:42発が3番線
7:49発が10w線
という感じ。

平日の朝の時間帯などは通勤に使う人も多く、席は結構争奪戦です。
私が乗る列車は12番線発でした。
f:id:lucamileagelife:20200228033113j:plain
どこから湧いて出たのかというくらい、わっさ~っと人がいます。

チケットについて

列車でもメトロノースなどは車内検札で、乗り込む時は何もないのですが、アムトラックは乗車前に係員がチケットをチェックします。
紙を印刷したものでもいいし、駅の券売機で予約したチケットを出してもいいですが、最近はみんなモバイルチケットです。
検札は車内なので、乗車前にホームにおりるところでは目視程度。
私は今回、モバイルチケットを初めて使ってみました。
今までは乗車時うまく表示ができなかったら、、とか、ログインパスワードを忘れたら、、と心配でいつもプリントしていましたが、今回は紙に印刷したものを持参したうえでモバイルチケットに挑戦。

2名同時予約なので、名前は二つ書いてあります。
f:id:lucamileagelife:20200228033436j:plain

その後、自由席なので実際に乗り込んで座っていると、車掌が回ってきますのでそこでまたQRコードを見せます。
行先によって色が違うチェック済みのお札を車掌が荷物棚に挟んで回ります。
f:id:lucamileagelife:20200229092931j:plain

リージョナルの車両が進化していた!

私が初めてアムトラックを利用したのが2008年なのですが、当時、鈍行のリージョナルは車両が古くて汚く、それ以来、少々高くても早くて綺麗なアセラを予約していました。
今回は予算の関係で(予約が遅かった)とてもアセラに手が出ず、リージョナルにしてみましたが、めちゃくちゃ綺麗になっているので驚きました。
大きなシート!
f:id:lucamileagelife:20200228033714j:plain

アセラとの違いは荷物棚がオープンか、飛行機みたいに蓋があるかくらいですかね?
f:id:lucamileagelife:20200228033748j:plain

電源まで!
f:id:lucamileagelife:20200228033903j:plain

非常時のドアの開け方をチェック
f:id:lucamileagelife:20200228033958j:plain
f:id:lucamileagelife:20200228033932j:plain

車窓の移り変わり

アムトラックは駅も線路もマンハッタン内は地下なので、しばらくは真っ暗な中を進みます。
ここはメトロノース鉄道と同じですね。
f:id:lucamileagelife:20200228034100j:plain

メトロノース鉄道の乗車記はこちら↓
www.lucamileagelife.net

マンハッタンからお隣のニュージャージーのシコーカスあたりで地上に出ました。
いきなりのススキ野原(笑)
f:id:lucamileagelife:20200229092646j:plain

地図でいえばこのへん
f:id:lucamileagelife:20200229092724j:plain

ニュージャージーもマンハッタンが見えるようなエリアなら高級住宅地がありますが、このへんまで来るとド級の田舎ですね。
もう少しいけばニューアーク空港というエリアです。

フィラデルフィアまでの所要時間

ニューヨークを8:10に出発し、定刻でフィラデルフィアに9:44に到着。
所要1時間半ですね。
アセラはもうちょっと早いですが、ボストンやワシントンに比べたらフィラデルフィアは寝る暇もないくらい近いので、リージョナルで十分かなと思いました。ボストンやワシントンだと3時間くらいかかるので少しでも乗車時間が少ないアセラのほうが日帰り旅では時間が有効に使えます。

フィラデルフィアのアムトラック駅

フィラデルフィアは30thステーションというのがメインの発着駅になります。
駅舎はこのような形。(これは帰りのために外観を覚えておいたほうがベター)
f:id:lucamileagelife:20200301183316j:plain

アムトラックを降りてから地元のローカル鉄道はSeptaです。アムトラックのチケットを見せれば無料で次の駅まで乗車可能です。
ホームに上がるエスカレータのところに係員がたっています。


実は私たちは下調べがまったくなってなくて、とりあえず駅で聞けばいいだろ、とマイラーにはあるまじき行動に出ました。
(マイラーの人はだいたい事前準備が緻密ですよね。普段の私もそうです)
今回は旅行前の仕事があまりに山積みで、直前の準備が全然できず、フィラデルフィアもとりあえず往復のチケット手配と美術館のWEB予約だけ、という感じの準備になりました。
市内観光や移動手段もいろいろもったいないことになったので、やはり行き当たりばったり旅は無駄遣い、と実感した次第です。

駅にいた女性の職員さんがめちゃくちゃ親切で、
・SEPTAなら無料で乗れる
・1日パス(one day independence pass)は窓口で買える
・フィラデルフィア美術館に行くならこのホームからSeptaのWest Trenton行きが何分に来るので乗車し、次の駅(Suburban)で降りてそこから38番のバスに乗ってね

など調べながら教えてくれて、バスと鉄道の共通パスを買うのに窓口まで連れて行ってくれて窓口のおばちゃんにも説明してくれました。
大感謝です。
しかし日帰りでしかも美術館くらいしか行かない予定だったし、歩こうと思えば歩ける距離なので、パスを買うのはちょっと無駄だったかなと思いました。one day independence passは1枚13ドルでした。バスの料金は二人で1回が5ドルくらい。
結局2回しかバスに乗らなかったし、

フィラデルフィアの交通機関についてはまた次回!

ニューヨークからフィラデルフィアへ日帰りの旅①(アムトラックチケット予約編)

ニューヨークから行ける日帰り旅、昨年の旅行では近場のフィラデルフィアに行ってきました!
アムトラック(鉄道)の予約や現地での交通機関などについてまとめておきます。本記事では予約まで。

f:id:lucamileagelife:20200212004213j:plain


INDEX

ニューヨークから日帰りで行ける近郊の都市

ニューヨークから鉄道を使って行けるほかの都市はいくつかあります。
私のこれまでのニューヨーク旅行ではなるべく1日は郊外や他都市へ行くようにしていますがこれまで行った郊外や近郊の都市は、
・ワシントン
・ボストン
・タリータウン
・ビーコン
などなど。

コストを考えたらバスという選択肢もあるのでしょうが、我が家は避けています。
理由は鉄道のほうが圧倒的に事故にあう確率が少ない、一緒に同乗する乗客の経済的格差がバスのほうがどうしても下になり、犯罪にあう確率が高くなるというのが理由です。

別の選択肢として飛行機を利用、というのもありますが、保安検査や空港までの移動、待機時間を考えると、アムトラックは街中からポンと乗れてトータルの所要時間はかからず、日帰りが十分可能だと考えています。

アムトラックとは?

アムトラックという名前から、「トラック??」と思われるかもしれません。
アムトラックは1971年発足の鉄道会社で全米を鉄道網で結んでいます。
正式名称は全米鉄道旅客公社(アメリカ英語: National Railroad Passenger Corporation)となります。
日本でいえばJRみたいなものでしょうか。

公式サイト
www.amtrak.com

利用にはアカウント作成が必須です。
パスワードは大文字・小文字・数字と特殊文字の組み合わせで作成します。

アムトラックの予約画面

アムトラックの画面ころころ変わるんですが現在はこんな画面になっていて、トップからすぐに予約操作ができます。
f:id:lucamileagelife:20190926021550j:plain

片道か、往復、またはマルチ

f:id:lucamileagelife:20190926021702j:plain
一度の予約で片道のみ、往復、または単純往復ではない予約もできます。
なお、以前あったJAF(AAA)の割引は使えなくなっています。
AAAの割引があったころは片道ずつで予約するべき(片道しか割引にならなかった)でしたが、今は予定変更がなければ1予約のほうが管理しやすいかもしれません。

行先の入力方法

行先は飛行機と同じような駅名のコードがあります。(3桁)
ニューヨークはペンステーション発着なので、NYP
ボストンはバックベイステーションなので、BBY
ワシントンはWAS
フィラデルフィアは30Thステーション駅ですが、PHL

残りは時間帯を指定したり、乗車人員を入れたりします。
大人数で予約したことがないのですが、ひとつのアカウントで2名予約をいつもしています。
別々に乗車するなどの事情があればそれぞれアカウントを作ったほうがいいです。席は指定できませんので並びの席とかは空席を実際に乗車して席を探すしかありません。

アプリ版もあるのでiPhoneなどのスマホに入れれば現地からでも予約可能です。

ちなみに米国でのオンライン上のカード利用は、通販サイトによっては日本のクレジットカードははじかれることが多いのですが、アムトラックは昔から大丈夫です。
逆にニューヨークのメトロノース鉄道などMTA系は日本のカードは使えないので、鉄道チケットのオンライン予約はできません。現地についてから券売機や窓口で購入するしかありません。その場合は当日でなくても2か月先まで購入可能です。

価格の条件の詳細

アムトラックは何種類かの運賃があり、キャンセルポリシーも違います。

予定が確定していればセイバー運賃が一番安いですが予約後24時間経過するとキャンセルはできません。

SAVER

Saver Fares are deeply discounted, lowest-cost available fares. Saver Fares availability is limited and require advance purchase, so book early.

・100% refundable within 24 hours of purchase
・After 24 hours:Non-refundable
25% cancellation fee
75% credit on a non-refundable eVoucher

バリュー運賃は出発8日前までなら100%返金されます。

VALUE

Available on all Amtrak routes, Value Fares are the regular rate for fares and offer several refund options. Value Fares availability is limited.

・100% refundable at least 8 days prior to departure
・25% cancellation fee within 7 days of departure
Unreserved: 25% cancellation fee 1 hour after purchase
Discounts & promos allowed*

キャンセル料なしで自由に変更可能なのがフレキシブル

Flexible

Flexible Fares are fully refundable without cancellation fees and reservations are easily modified. Flexible Fares are ideal if your plans change.

100% refundable prior to departure
No cancellation fee
Discounts & promos allowed*

ビジネスやプラチナは使ったことがなく、よくわかりません(;'∀')

BUSINESS

Business Class offers an affordable, enhanced travel experience with extras like more legroom and non-alcoholic drinks (features vary by train).

100% refundable prior to departure
No cancellation fee
Discounts & promos allowed*

PREMIUM

Premium Services include Acela First Class: an upscale travel experience, and private rooms: available on most long-distance routes.

Sleeping accommodations:
Refundable at least 15 days prior to departure
25% cancellation fee
Acela First Class:
100% refundable prior to departure
No cancellation fee
Free meals included
Discounts & promos

いつ予約?

アムトラックは時々週末スペシャルとか、季節のキャンペーンとかあるのですが、基本的には早ければ早いほど安く予約できます。現時点では来年の1月の同日、つまり11か月先まで予約可能です。
そうはいってもセイバー運賃だとキャンセルがきかないため、折り合いは難しいです。
私もPhiladelphiaの予約が、数か月前に見たときに29ドルという最安値運賃が出ていました。
f:id:lucamileagelife:20200226014846j:plain

しかし実際にそろそろ予約しようか、という頃(たしか1か月を切るくらい前)には最安値が90ドルに。
f:id:lucamileagelife:20200226015118j:plain

今調べてみると、ずっと先の予約で最安はニューヨーク~フィラデルフィア間が片道45ドルが普通列車(リージョナル)の最安でした。アセラになるとセイバー86ドル、バリューが115ドルです。

ずっと遠いワシントンまでのセイバー54ドルなので、距離でそれほど違うわけではないみたいです。

大事なことは、セイバー料金枠は限りがあり、売れたら無くなるということ。
旅程をなるべく早めに確定し、予約をするべきです。
私はフィラデルフィア美術館とバーンズコレクション、どちらもいくとしたら両方の定休日を避けてしまうとどうしてもほかと予定がかぶってしまい、結局バーンズコレクションは断念しました。またいつか行きたいと思います。

フィラデルフィアの場所

ざっくりとした位置は以下のマップを参照ください。
f:id:lucamileagelife:20200226005049j:plain

長くなりましたので、また次回、実際の乗車編を。