ANAのマイルでニューヨーク旅行計画

クレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換、長距離の国際線ファーストクラスやビジネスクラスで使う方針でやっています。初ビジネスクラスは2002年ロサンゼルス行き。ポイントサイトの活用は2016年春からで、まだまだ初心者です。いろいろ教えてください。

ヒルトン福岡シーホーク・2021年7月の4連休中の運用はこんな感じでした

チケットもゲットし、ずっと楽しみにしていた五輪の観戦が無観客に。
落胆しすぎないように、そのときのBプランとして前々から予約していたのが福岡のヒルトンでした。
4連休、台風で沖縄を欠航になった人たちも急遽行先を変更したのか、結構な人手でした。

f:id:lucamileagelife:20210728002156j:plain


INDEX

予約とアップグレード

到着してエグゼクティブラウンジでチェックインするとき、2泊ですと伝えると、二日目の予約が、見当たらないと・・
1泊で帰らないといけないのかと焦りました。

最初の予約はポイントで2連泊。
(スタンダード50000P×2)
それが、
・ヒルトンアメックスのオファーで4万円利用で8千円キャッシュバック
・ふるさと納税の福岡市電子感謝券が15000円分あった
・HPCJの金券もある
ということで、連休でアップグレードも当てにならないと思い、1泊目は有償でエグゼクティブキングを取り直しました。

ポイント予約はサイトから「予約の変更」で日程を1泊に変更したところ、きちんとアプリにも反映できました。
f:id:lucamileagelife:20210728002721p:plain
なのに、なぜかホテル側から見ると全キャンセルになっていたそうです。
あとからとった有償1日目の予約は生きていました。
アプリでは2泊目のポイント泊もちゃんと生きていたのでそれを見せたのですが、結局はその場でキャンセル、再予約です。
こんなこともあるんですね。
空室があって良かったです。

1日めは予約通りのエグゼクティブキングでした。(スイートは満室でした)
f:id:lucamileagelife:20210728002835j:plain 

2日めはスタンダードの最安ツイン予約でしたが、スイートがあくとのことで、部屋チェンジでエグゼクティブツインスイートでした。
f:id:lucamileagelife:20210728003027j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728003015j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728003018j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728003022j:plain
3連休だったら最終日も混んでいたでしょうが、4連休だと早く帰って1日ゆっくりするつもりの人が多いのか、比較的予約に余裕があったようです。

エグゼクティブラウンジのチェックイン・チェックアウト

33階のエグゼクティブラウンジは連休などの稼働率の高いときだけ12時から開けて、チェックインの業務などを行っているようです。
ヒルトン福岡シーホークではエレベータにセキュリティはないため、だれでも高層階に直接行くことができます。 
なので駐車場からエスカレータを使わず(フロントを経由せず)、直接33階にアクセスしてもいいですか、無駄足になる可能性もあります。
私は今回、フロントに寄ったところ、今日は開いているので上で座ってチェックインください、と言われました。
f:id:lucamileagelife:20210728003206j:plain
一方でチェックアウトは連休最後とかだとすでに33階ラウンジは閉鎖中。
並ぶのが嫌な人はエクスプレスチェックアウトをチェックインのときに使ったほうが良いかと思います。
f:id:lucamileagelife:20210728003325j:plain

ただし、ふるさと納税の「福岡市電子感謝券」は4階フロントでないと支払いに使えません。
f:id:lucamileagelife:20210728003433j:plain
ある程度支払いが確定した時点で4階のフロントがすいているときに支払いを済ませ、エクスプレスでチェックアウトするのがスマートだと思います。
自分のペースでホテルから出られますしね。

カクテルタイム(ハッピーアワー)

33階を使う場合と、特に混雑するときは34階のペントハウスを使う場合があります。
それ以外は現在、4階のシアラの入口のスペースで代替サービスを行っているようです。
7月の連休中は初日と2日目は34階のペントハウス、3日目(土曜)も同じ場所でしたが、土曜は利用客が前日の半分以下、とてもゆったりしていました。
2日目は満席でとてもにぎやかでした。34階を使う時は35階で受付け、その後階段で降りるのですが、時間前には行列ができていました。
次の混雑予想日は8月のお盆時期とのこと。

料理の分量などはあまり変わりませんが4階では窓からの景色が見られないのが残念。
f:id:lucamileagelife:20210728003642j:plainしかし今の季節は日が長く、17時~19時のカクテルタイム中は日が沈みません。
カクテルタイムがたとえペントハウスで行われていても、夕日や夜景は終わった後なのであまり関係ないかもしれません。
f:id:lucamileagelife:20210728003923j:plain
33階で行われる場合は東向きなのでこれも夕景は見ることができません。
f:id:lucamileagelife:20210728004051j:plain
一方でシアラでカクテルタイムが行われる場合のメリットもあります。
それはレストランの料理を有料ですが追加で単品注文できること。
今は年末までヒルトンの会員はレストラン25%オフです。
ルームサービスは適用外なので、シアラのほうが使い勝手がいいかも。

■朝食

朝食は今年はずっと4階シアラで提供されています。
f:id:lucamileagelife:20210728010115j:plain
私は各料理のセクションが遠いのでシアラでの朝食はあまり気が進まないのですが・・。
席は入って右手のエリアが会員専用になっています。繁忙期以外のカクテルタイムやリフレッシュメントもここです。
(紫のカーペットのエリア)
f:id:lucamileagelife:20210728004548j:plain
時間帯によっては満席で、別の場所に行かなければなりません。

会員エリアでは、
・おにぎりをつくってくれて提供(ただし最近は一般エリアにもある)
・^_^エッグステーション(これも一般エリアにもありますが会員エリアのほうがすいてます)
・カフェラテとか作ってくれる(これも席が離れてもオーダー可能)
f:id:lucamileagelife:20210728004646j:plain
私が最近気に入っているのは入り口に近いパンコーナーで提供しているフレンチトースト。
f:id:lucamileagelife:20210728004702j:plain
テーブルにはダイヤモンド、ゴールドなどの標識たててくれます。
f:id:lucamileagelife:20210728004716j:plain
何の意味があるのかは不明、朝食課金があるかどうか?
昔は折り鶴でしたが、今はハッキリ書いてあります。

入り口もいちおう優先レーンが分かれています。 
f:id:lucamileagelife:20210728004915j:plain
こちらはエリートではなく、会員かどうかの違い。
ヒルトンに泊まる際は最低でも無料のメンバーになっておけば優先レーンが使えます。
8時~9時は結構混雑するので重要です。

オムレツなんかは時間がかかるので、頼んだら後でとりに来るようにすればいいですかね。

フィットネス

今回は20階付近にスウェーデンの選手団が宿泊していて、5階のフィットネスジムは団体貸し切りでした。
f:id:lucamileagelife:20210728005033j:plain
代替として3階の宴会場に宿泊客用の臨時のジムが用意されていました。
f:id:lucamileagelife:20210728005157j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728005153j:plain
8/2までの措置のようです。

選手や関係者のひととはエレベータが開いたときに顔をみることがありましたが、乗ってくることもなく、完全に動線は分離していました。
一般客と一緒に乗らないように言われているのかも・・
(それなら6機あるエレベータをひとつ貸切ればいいのにと思いました)
食事も別会場のようでみかけたのはエレベータホールくらいです。

レストラン

現在、レストランはヒルトン・オーナーズ会員向けに割引キャンペーン中です。
会員およびシルバー会員は飲食代(税・サービス料別)から10%割引、ゴールドおよびダイヤモンド会員は飲食代(税・サービス料別)から25%割引です。
fukuokaseahawk.hiltonjapan.co.jp
ホテルによって割引除外日は違うようですが福岡は連休中も対称でした。
逆に12/17から年末までは除外のようです。

ダイヤモンド会員やゴールド会員はHPCJよりこっちのほうが割引率が大きいです。
今回は25%キャンペーンを中華「望海楼」で使わせてもらいました。
f:id:lucamileagelife:20210728005244j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728005253j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728005249j:plain
いつも頼むランチのコースですが、締めの炒飯が今回は夏らしい冷麵になっていました。
f:id:lucamileagelife:20210728005301j:plain
一方、ホテル公式レストランではないですが、6階にテナントで入っている焼き肉「慶」、なんとHPCJ会員向けに割引15%をしてくださるとのこと。
f:id:lucamileagelife:20210728005419j:plain
どこにも書いてないのですが宿泊者というだけでも10%は引いてくれるので申し出てみてください。
部屋付にするとヒルトンのポイントもたまります。
(たまらないと言われますが、実際いつもつきます)
しかし部屋付の処理だとスタッフの方がフロントにいかないとできないので、支払いは食事の終わる前、早めに伝えるといいと思います。
私たちはコースのコーヒーを飲んだ後、部屋付で、、といったところ、チェックインで混んでいる時間帯で待ち時間が発生したようで、待っている間にお茶までだしてもらいました。
申し訳なかったです。

グランドバケーションズのオーナーズラウンジ

少し前にヒルトングランドバケーションズの説明会の会場と、隣接してオーナーズラウンジができたそうです。
f:id:lucamileagelife:20210728005719j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728005722j:plain
f:id:lucamileagelife:20210728005714j:plain
さっそく利用させてもらいました。
ラウンジといってもソフトドリンクやコーヒーがあるくらいですが、まだ認知度が低いのか人も少なくくつろげます。
オーナー以外にもシアラ横の勧誘スペースで利用券を宿泊者の方に配布しているので興味があればチケットをもらって利用することもできるようです。

岩風呂の利用

岩風呂は休止中、とエグゼクティブルームの案内に記載がありましたが、
連休中はダイヤモンド会員のみ利用可能で、臨時でオープンしていました。
アクセスチケットを発行していただきました。
このチケットで何度でも利用可能です。

お風呂の中のコロナ対策ですが、

・着替えのスペースは隣同士にならないよう、使えるところが一つ飛ばしになっている
・洗面台のスペースも同様に、間が使えないようになっている
(なので同時に3人しか使えない)
・浴室へのドアは解放中
・共用のアメニティは撤去されていて、入り口の受付で、歯ブラシ、アメニティセットとタオルが入ったランドリー袋をもらう
(アメニティセットはボディウォッシュ・シャンプー・コンディショナー・ボディクリームの4点セット)
f:id:lucamileagelife:20210728005938j:plain
このような対策がされていました。

f:id:lucamileagelife:20210728005909j:plain

初日はすいていたので利用しましたが、2日目の朝、9時半の締め切り前に万端支度していってみたところ、家族連れの方が入っていったのであきらめて帰りました。
とゆうか、スイートやん、部屋にジャグジーあるやん、と気付いて(^_^;)

お風呂には入れても、髪を乾かしたりする洗面エリアが同時に3人しか使えないので出る時間は10時と決まっているし厳しいです。

また混雑する8月お盆時期には再オープンするかもです。

リフレッシュメント

最終日、チェックアウトして帰る前に、シアラに寄ってリフレッシュメント(ソフトドリンクと小菓子)をいただきました。
メンバーエリアといっても専用ではなく、一般のランチ予約の席もあり、座れるスペースは限られていましたが利用者は少なかったです。
シアラの場合はラウンジのようなセルフではなく、メニューでオーダーして持ってきていただく形になっています。
f:id:lucamileagelife:20210728011738j:plain

まとめ

とりあえずふるさと納税の電子感謝券を使おうと思ってましたがアメックスキャンペーンのために多少使い残してしまいました。
今年もう一度使うために行くかも。
長崎を予約したのでその帰りかな?

(改悪?)ブリティッシュエアウェイズ(BA)で予約するJAL国内線特典航空券の必要マイルが大幅増

BA改悪のニュースです。
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)でJAL日本国内線の特典航空券が発券でき、直前でも安くてとってもお得、と私のブログでも過去何度か紹介しましたが、2019年に続き直近2度目の改悪になってしまいました。

f:id:lucamileagelife:20210725120044j:plain


INDEX

BAのJAL国内線必要aviosの変遷

BAの前回改悪は2019年5月30日でした。
なので2年ちょっとぶりということになりますが、一番近距離では4500aviosから7500aviosと、2019年5月以前と比べると67%の値上がりとなります。
7500というと、ANAマイルと変わらないこともあり、お得感が全くなくなった感じです。

飛行距離 区間の例 必要Avios
~2019.5 2019.5.30~ 2021.7~
~650マイル 広島-羽田(414マイル) 4500 6000 7500
651~1150マイル 広島-新千歳(749マイル) 7500 9000 10000
1151~2000マイル 羽田-宮古島(1158マイル) 10000 11000 11000

2019年改悪のときの記事です。
www.lucamileagelife.net


ただし、公式サイトではチャートが古いままで更新されておらず、暫定的なものなのか(希望的観測)、恒久的な変更なのかはハッキリしません。

BAのJAL特典航空券とは?

ブリティッシュ・エアウェイズはイギリスのフラッグシップキャリア、当然日本国内では就航していませんが、JALと同じワンワールドに所属しており、JALとは提携関係にあります。
なので、ブリティッシュ・エアウェイズのavios(=マイル)を持っていれば、それを使ってJALの国内線が予約できるのです。
アプリもあり、慣れればアプリでサクッと予約できます。

2018年の古い記事ですが基本的なアプリの使い勝手はあまり変更ありません。
www.lucamileagelife.net

JALのマイルを使うより、いろいろな点でメリットがありました。
必要マイルが少なくて済む、というのが最大でしたがこれが今回の改悪によってメリットが薄れています。

BAがお得かどうかは必要aviosの調達コストによる

必要マイルという以外にはバイマイル(マイルを買う)ができるというのもBAのメリットのひとつでした。
以前はイベリア航空(スペインの航空会社)のaviosをスペイン版グルーポンで安く買って、という方法が最も安く調達する方法でしたが、それは現在使えなくなっています。
マイルの世界は改悪の連続ですね・・・

現在、BAのaviosをゲットする方法は、
・マリオットポイントから交換する
・VISAから交換
・BAやイベリアのセールで買う
くらいしか思いつきません。

マリオットポイントからだと、たとえばマリオットのセールなどでポイント0.9円で買ったものを6万ポイントからボーナスがついて25000aviosに交換したとします。
そうなると54000円で25000aviosで買ったのと同じで、1avios=2.16円
最短区間が7500aviosになったということは、買ったマリオットポイントを利用した場合は1区間の飛行機代は16200円
繁忙期や土日の、航空券代が高い時期でなければちょっと使い道がないですかね・・。
かといって手持ちのaviosがある場合はどんどん使っちゃったほうがいいと思います。
これからも使えるかはわかりませんから・・。
ちなみに私個人でいえば、東京へ行く機会がめっきり減ってしまい、広島からJALで直行で行けるのは羽田と新千歳だけ、新千歳は距離でいえば800マイルまで定額のUAマイルがお得、とくことでBAのaviosは使う機会がコロナ禍で激減しておりました。
ワクチンを打ったらなにはともあれ全く行けなかった親の墓参り(関東)に行こうと思っていますのでそのときはBAを使おうと思います。

私が今保有しているaviosは昔、グルーポンで買ったものは最安1.2円/1avios。
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net

最近買ったイベリアのセールなどは1.6円くらいを購入目安にしているので、12000円くらい。
(それもあんまりきかなくなりましたね・・)
家族以外、友人などでも使えますが、あまりいろいろ発券しすぎると私のようにアカウント停止となるのでお気を付けください。
www.lucamileagelife.net

今後のこと

どんなポイント、マイルもお得だなと思ったらその後は改悪あるのみ?です。
マイラーとして一番大事なことは瞬発力だと思います。
楽しみも、チャンスも、やりたいことは可能な範囲で先延ばしにしないことが自分の原則。
ランチビュッフェで一番に苺やケーキを食べる私(笑)
そうはいってもBAはちょっとたまりすぎてるんですよね。しばらくは単価を気にせず使う機会があれば優先して使おうと思います。

ヒルトンダイヤ修行、2泊3日で5滞在!1泊目は距離優先でヒルトン沖縄北谷リゾート

今年のダイヤ修行終了間際、私が泊まった6月は南部の那覇のコロナ新規感染者数がそこそこ出ている時期でした。
なのでヒルトンダイヤ修行で1泊2日のときは比較的落ち着いている北部の瀬底を宿泊地に選んでいました。
しかし2泊3日となると、瀬底からデイユース利用のために那覇まで戻ってくるのはけっこうもったいないし、つらいです。
というわけで、1泊目は北谷に泊まることにしました。
思った通り、初日は那覇からも近いし、翌日ダブルツリー那覇首里城に行くにも高速へのアクセスがよく便利でした。

f:id:lucamileagelife:20210716021404j:plain


INDEX

ヒルトン沖縄北谷リゾートの概要

ヒルトン沖縄北谷リゾートは2014年7月2日にオープンしたホテル。
日本語の公式サイトはこちらです。
chatan.hiltonjapan.co.jp

私のこのホテル初訪問は2016年のプロ野球春キャンプのときで、以来毎年2月のキャンプはここを拠点にしております。
立地がプロ野球キャンプ見学に関しては最高なんです。

例えばカープのキャンプ地、コザしんきんスタジアムまで→車で10分程度
中日の北谷球場→徒歩圏内、イオンの駐車場があり、車でも行ける
DeNAは宜野湾球場ですがここも10分ちょっと。
ヤクルトは浦添なので20分くらいかかります。阪神の宜野座はちょっと遠いですが日ハムの名護球場とたいしてかわらないですし、中日二軍の読谷に行くにも便利な立地です。
私が行ったことのないセ・リーグのキャンプ見学は巨人のセルラースタジアムくらいです(笑)

そんな感じで目の前にダブルツリー北谷ができてからはDIAの滞在数の関係で交互に泊まったりと連泊はあまりしなくなったのですが、沖縄で一番好きなヒルトンはここ北谷のヒルトンです。
今は瀬底といい勝負ってところでしょうか。

ヒルトン沖縄北谷リゾートの部屋カテゴリとお部屋選び

このホテルのお部屋のカテゴリは以下のとおりです。

ラウンジ 客室タイプ 広さ 定員 ベッドサイズ
× シティビュー(キングベッド) 33㎡ 3名 180cm x 200cm
× シティビュー(ツインベッド) 35㎡ 3名 120cm x 200cm
× ツインwithバルコニー(ツインベッド)(シティビュー) 2階 36~43㎡ 4名 120cm x 200cm
× ツインwithガーデン(ツインベッド) 1階 36~43㎡ 4名 120cm x 200cm
× オーシャンビュー(キングベッド) 36~40㎡ 3名 180cm x 200cm
× オーシャンビュー(ツインベッド) 37㎡ 4名 120or135cm x 200cm
× ユニバーサルルーム(バリアフリールーム) 37㎡ 2名 135cm x 200cm
エグゼクティブオーシャンビュールーム (キングベッド) 9階 37㎡ 3名 180cm x 200cm
エグゼクティブオーシャンビュールーム (ツインベッド) 9階 37㎡ 4名 120or135cm x 200cm
エグゼクティブオーシャンビューwithテラス (ツインベッド) 4階 37㎡ 4名 120cm x 200cm
スイートルーム(キングベッド) 9階 72㎡ 5名 180cm x 200cm
スイートルーム(ツインベッド) 9階 72㎡ 5名 135cm x 203cm
デラックススイートルーム 7・8階 75㎡ 5名 135cm x 203cm

瀬底のヒルトンと建物の雰囲気は似ていますが違うところは、
・全室オーシャンビューではない(シティ側の部屋がある)
・エグゼクティブラウンジからは海は見えない

ここを忘れたらダメ絶対(;'∀')
もちろんシティ側が一番安い部屋なので、さすがにダイヤからは最低でもオーシャンビュー、空室があればエグゼクティブルームの9階へのオファーはあると思いますが、今まで泊まった印象でいえば、アップグレードはまあまあ渋め。
ゴールドだと作戦が必要かと思います。
スイートも部屋数が非常に少なく、デラックススイートは角部屋で7階と8階、合わせて4部屋しかありません。
今までスイートルームに泊まった時は直接予約しました。
スイートの定員はほかの部屋より多い5名なので、家族利用だとスイートはおすすめです。

また、Withバルコニーというカテゴリは要注意。
オーシャンビューではありません。
しかも2階です。

また、withガーデンはプールに部屋から直接アクセスでき、夏、家族連れでは便利ですが、セキュリティ面でちょっと心配です。

今回は最安ルームシティービューをHPCJで25%オフ予約からのアップグレードでした。
まだ6月で、ヒルトン北谷にしてはまあまあ安かったです。

・・予約情報・・
ルームタイプ: KING ROOM W/ CITY VIEW
         HPCJ ROOM ONLY
1泊あたりの料金 15,450円
税金      1,746円
サービス料金   2,008円
ご滞在料金合計 19,204円

更新してもらったばかりのHPCJ金券を支払いに利用しました。マイナス50000円です。
f:id:lucamileagelife:20210716021335j:plain
金券はHPCJ適用の宿泊か、レストラン利用でしか使えません。
今年はHPCJのレストラン割20%オフより会員向けの25%オフのほうが安くなるし、宿泊もHPCJを使ったときしか金券は利用できないので、使えるときはなるべく早く使う、が大切。

部屋は事前チェックインでアップグレードが確定し、withテラス(4階)とエグゼクティブ9階から選べたので、天気もよさそうだし、withテラスにしてみようかなと思いました。
そもそも間違いだと後で気づくのですが・・。
f:id:lucamileagelife:20210724012749p:plain

なお、更なる有償のアップグレード「estand by」は選んだ部屋によって値段が変わってきます。
たとえば同じエグゼクティブルームでも9階のバルコニー付きの部屋と4階のテラス付きでは、4階の方がカテゴリが低くなるせいか?差額がより必要になってきます。
f:id:lucamileagelife:20210724013138p:plain

ロビーでチェックイン

エグゼクティブラウンジは瀬底と同じでずっと無人のようで、チェックイン業務はフロントに集中。
f:id:lucamileagelife:20210716021310j:plain
サインするペンが使用前と使用後に分けられているのが良かったです。
f:id:lucamileagelife:20210716021519j:plain
最近の状況を聞いてみると、日本人のお客様はあまりいないとのこと。
ミリタリー(米軍)のご家族がゲストでは多いそうです。
スイートの空きがあれば有償でもアップグレードしてもらおうかと思っていましたが、スイートは満室でした。
先に選んでいたwithテラスも、選択した部屋とは別の部屋を提案されました。
私はロビーラウンジのすぐ上の部屋を選んでいたのですが、海に向かって左側の棟の部屋ならハリウッドツインで、ということ。
一人なのでベッドはひとつが良いと思ってこちらにしましたが、、

エグゼクティブルームwithテラス

ベッドはこんな感じにしてくれてました。
ベッドに関してはwithテラスにはキングベッドがなく、事前にアプリでいろいろやりとりし、こんな感じに。
f:id:lucamileagelife:20210716021306j:plain
ふたつのベッドがくっつけてあります。

この部屋、ビューがちょっと残念なんです。
前に建設されたダブルツリーに半分隠れて海がちょっとしか見えません。
f:id:lucamileagelife:20210716021450j:plain

すぐ下はスリユンのデッキなのでそこからのビューとほぼ同じですね。
朝はよく晴れて気持ち良い景色。
f:id:lucamileagelife:20210716021436j:plain

部屋の位置です。
f:id:lucamileagelife:20210716021531j:plain

テラスはこんな感じです。
しかし隣とは簡単に乗り越えられそうで、窓開けたままとかにするのはちょっと怖かったです。
f:id:lucamileagelife:20210716021317j:plain

お風呂はリクシルのバスです。
f:id:lucamileagelife:20210716021321j:plain

バスルームは、スイートと普通の部屋でしつらいが若干違います。
f:id:lucamileagelife:20210716021314j:plain

ヒルトン北谷で一番好きなのが、洗面台のリゾートっぽいタイル。
今年、我が家も洗面所リフォームでこんな感じのタイルにしたんです。
f:id:lucamileagelife:20210716021258j:plain

アメニティはクラブツリー&イヴリン。除菌シートなども。
f:id:lucamileagelife:20210716021534j:plain

部屋のインテリアも素敵です。
f:id:lucamileagelife:20210716021343j:plain
f:id:lucamileagelife:20210716021424j:plain

新しいホテルなのでコンセントなども使いやすい位置に配置してあります。
f:id:lucamileagelife:20210716021523j:plain

部屋にはブルーレイプレイヤーもあるし
f:id:lucamileagelife:20210716021233j:plain

各種ケーブルのセットもあり、PCとつないでYouTubeをテレビで見たりできました。
f:id:lucamileagelife:20210724013348j:plain

ホテル独自のダイヤモンド会員の特典

ダイヤモンド会員の特典が書かれたもの。
f:id:lucamileagelife:20210716021512j:plain

・朝食事前予約と優先案内(何時に起きるかわからないので利用せず・当日だとそのあとすぐの時間(今からいくー)とかは不可でした)
・レストラン飲食25%オフ(HPCJより良い!ゴールドの人もですよね)
・3500円以上利用のとき500ポイント(そもそもディナーに空いてるレストランがマールだけ)
・アパレルやスパの割引(利用せず)

朝食の予約画面はこんな感じでした。
f:id:lucamileagelife:20210724013449j:plain

しかしこれ記載以外にも、

塩味のプリンもらえました。めちゃくちゃおいしいです。
f:id:lucamileagelife:20210716021328j:plain

冷蔵庫にはオリオンビール。
カクテルタイムでアルコールないからこれ部屋で飲んでってことみたいです。
夫へのおみやげにしました。(翌日瀬底で飲んでました)
f:id:lucamileagelife:20210716021433j:plain

バスソルトなどももらえたし、現在の女性の支配人の方の手書きのメッセージカードも。
f:id:lucamileagelife:20210716021502j:plain
偶然ロビーで世間話をした方が支配人の方だったようです。
私が「お部屋からちょっと海が見えづらいんですよねぇ」というと、「お部屋、替えましょうか?」と言ってくださいました。
自分で選んだので大丈夫です、といったのですが、有難かったです。

9階のエグゼクティブラウンジ

朝食はスリユン、カクテルタイムはロビー階なのでエグゼクティブラウンジは閉鎖はされてないけれどスタッフさんはいません。
私がのぞいたときはお客様の一人がPCを使っておられるだけ。
フリードリンクとスナックはあるのでお仕事するにはいいかもです。
f:id:lucamileagelife:20210716021204j:plain

おいてあるおやつはサーターアンダギーやホテルメイドクッキー、ナッツ等。
f:id:lucamileagelife:20210716021349j:plain

カクテルタイムはどうなっているか?

エグゼクティブラウンジでは現在カクテルタイムは開催されていなくて、ロビーラウンジの「マール」にて、17時から19時、カクテルタイムといってもアルコール無し。
ビールはノンアルコールのオリオンビールなどはおいてありました。
昔、マールではサンセットラウンジといって、エグゼクティブラウンジとカクテルタイムが2か所併用で両方楽しめたんですが、一時期だけでした。
今は逆にロビーだけなんですね。

おつまみは1プレートが提供されます。
そのほかにポットに入ったサラダやケーキ、フルーツなどはビュッフェ形式。
f:id:lucamileagelife:20210716021447j:plain
f:id:lucamileagelife:20210716021454j:plain
f:id:lucamileagelife:20210716021538j:plain

ちょっと物足りなく、ヒルトンバーガーを食べてみようかなと思いました。
f:id:lucamileagelife:20210716021421j:plain

ボリュームが一番小さいと言われたのは、スライダーズ。1口サイズが3つとポテトフライ。
f:id:lucamileagelife:20210716021301j:plain
ルームサービスと違い、レストラン扱いで25%オフになります。

カクテルタイム中、西日でブラインド全下げで海も景色も全く見えなかったので、蒸し暑いけど外のデッキの席に出て食べてみました。
f:id:lucamileagelife:20210716021439j:plain
鳥が来るから食べ物を置いたまま席が離れられません。

朝食はスリユン

朝食ですが、北谷のヒルトンでは初めてスリユンで食べてみました。
今まではオリジナルのクロワッサンを食べたくて、必ずエグゼクティブラウンジでいただいていましたが今回は残念。

ビュッフェですが手袋着用、サラダはカクテルタイムと同様ポットに入っています。
f:id:lucamileagelife:20210716021505j:plain
夕方と違い、朝は比較的涼しいのでまた外で食べました。
カクテルタイムはとっても暑かったのですが朝食の外食べはおすすめです。
f:id:lucamileagelife:20210716021401j:plain
ライブキッチンではポーク卵も作ってもらえます。

鳥が来るので席を離れるときは使ってください、フードカバーを用意してもらいました。
f:id:lucamileagelife:20210716021332j:plain

メニューは沖縄そばもあり、カレーもあり、焼きそばもあり、種類は豊富でした。
通常時ならガヤガヤしているレストランの朝食はあまり気がすすみませんが、この日はお客様も少なく、特に外はだれも出ていませんでした。

近くにコンビニが

このホテル、コンビニが近くにないのが欠点でしたがすぐ近くにできました!
f:id:lucamileagelife:20210716021240j:plain

まとめ

北谷周辺は緊急事態宣言中、ほとんど開いている飲食店がなく、夕食難民になりそうでした。
カクテルタイムのプレートはちょっと夕食には物足りないと思うのですがホテル内で済ませるなら、カクテルタイムに有料の料理追加、というのがドリンクも無料だし手軽です。
この時間を過ぎたらルームサービスしかありませんでした。(~7/16まで)
現在は土日だけとか、7月4連休や8月のお盆時期だけとかいろいろ細かくレストラン営業日はかわっています。
https://chatan.hiltonjapan.co.jp/pdf/news/RestaurantHoursNotice.pdf
最新情報はホテル公式の上部にリンク(重要なお知らせ→レストラン営業内容変更について)があるのでそこでご確認ください。
しかし残念ながら8/22まではアルコール提供はないそうです。

それと海の景色を楽しむなら、やはり目の前に建設されたダブルツリー北谷がいいかなぁと思いました。
ただしダブルツリーのほうはエグゼクティブラウンジがそもそもないので、二つのホテルの選択は迷うところですが・・。

結構忙しいダイヤ修行ホッピングですが、瀬底や北谷など、ラグジュアリーなホテルに宿泊するようにすると、多少修行感は薄れ、旅の満足度も高まりおすすめです。

瀬底の過去記事はこちら
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net

デイユースに使った首里城と那覇のダブルツリー
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net

那覇空港に近くてヒルトン修行に便利な立地、ダブルツリーbyヒルトン那覇でデイユース利用

ヒルトン修行・デイユース情報の続きです。
沖縄で割安に宿泊できるのは那覇のダブルツリー2軒、そのうち1軒は首里城のダブルツリーで先日ご紹介しましたが、旭橋にあるダブルツリーbyヒルトン那覇も交通至便、修行には最適です。

f:id:lucamileagelife:20210716020443j:plain


INDEX

ダブルツリーbyヒルトン那覇のアクセス

公式サイトはこちらです。
doubletree-naha.hiltonjapan.co.jp

立地はこんなところ。

沖縄では空港から一番近いヒルトンで、単純な泊数取得ならここで稼ぐのが割安かと思います。
ゆいレールの旭橋駅前なので、レンタカーが不要です。

レンタカーの場合はレンタカー会社選びがポイント。
返却なら車で4分のフジレンタカーが便利なので、私の場合は1泊2日の場合は帰る日にこのホテルにデイユースを入れていました。
2泊3日なら最初と最後にデイユースです。
f:id:lucamileagelife:20210718021859j:plain

デイユースと宿泊を組み合わせて短期旅行で滞在数を稼ぐ

過去記事も参照いただければと思いますが、休みが取れない場合は短期(1泊2日や2泊3日)の滞在となると通常は1滞在1泊です。
しかしヒルトンの場合、ダイヤモンドの資格更新は60泊または30滞在なので、経済的にも日程的には滞在数のほうがクリアしやすいかなと思います。
(2021年は特別対応で半分の30泊または15滞在ですみます)

www.lucamileagelife.net

泊数に関しては昨年のロールオーバーがありますが、滞在数は1/1でゼロからです。
それでも、滞在というのは、泊まらない、いわゆる「デイユース」が利用できるため、短い旅行でも各ホテルをホッピングすればよいのです。

今年初めも仕事で那覇に来た際、このホテルでデイユースを踏んでいました。
www.lucamileagelife.net

チェックアウトが必ず対面のホテル

ヒルトンでもマリオットでも、最近はチェックアウトの混雑を避けるためにエクスプレスチェックアウト(ノンストップチェックアウト)が主流になっています。
これはチェックインで手続きしてクレジットカードなどをあらかじめ提示しておけば、チェックアウトは鍵をボックスに入れたり、部屋においておくなどすればよいシステム。
しかしダブルツリーbyヒルトン那覇ではこのシステムは採用されておらず、チェックアウトはカウンター必須です。
これがちょっと使いにくい点。
ゆいレールで空港へ行くならまだ良いのですがレンタカー返却となると返却はフライトの2時間まえまでなので時間が気になります。
そのために、いつも使っていたトラベルレンタカーではなく、ホテルから近く、満タン返し不要プランのあるフジレンタカーを使っていました。

www.lucamileagelife.net

デイユースがいつも使えるとは限らない

一昨年はしばらくデイユース利用を受け付けておらず、しかもインは15時からで、アウトは対面と、次回利用は無いかなと思ってました。
細かいことを言えば宿泊するには日付を越えなければならず、この時はデイユースがないから1泊でとり、空港に行く前にチェックインしてチェックアウトをエクスプレスですればいいやと思ったらできなくて焦りました。
ホテルの方の配慮で日付を超えてから手続きしてもらいましたが実際はすぐにホテルを出た次第。
www.lucamileagelife.net

デイユースプランならいつでも都合のいい時間にチェックインできますし、今は便利になりました!

レンタカーの場合はホテル裏の駐車場へ

ホテルは大通りに面していますが車寄せはありません。レンタカーなど車で到着した場合は、ホテルの裏に1本道があるのでそこに入り、ホテル裏の駐車場か、道路を挟んだ駐車場にとめます。
だいたい裏の平面駐車場も空いてます。ホテル裏からは入れて便利。
f:id:lucamileagelife:20210716020327j:plain

もうひとつは道路向かいの立体駐車場。
台数は多いです。
写真は平面と向かいの立体駐車場です。ステイした部屋から見えました。
なぜか駐車場ビューが多いです(笑)
f:id:lucamileagelife:20210716020436j:plain

駐車料金ですが、デイユースのとき、裏にとめてますといってますが課金されたことがありません。
1泊だと1500円と書いてありますが、会員ステータスなどで無料になるかは確認していないのですみません。

私の場合はデイユースで利用するのでいつもレンタカーから大きい荷物は下ろさず、PCや小さいバッグなどでいつもチェックインします。

チェックイン

首里城のダブルツリーのようなハッピーアワーはありません。
その代わり、ダイヤモンド特典でウェルカムドリンクがもらえます。
(エリート特典と書いてあるのでゴールドでももらえる?のかも? ちょっと不明です)
f:id:lucamileagelife:20210716020504j:plain

ちなみに一人予約のデイユースでもそこはヒルトングループ。二人でも利用できます。
夫の分ももらえました。
f:id:lucamileagelife:20210716020432j:plain

ある日は欲深な夫がオリオンビール2本がいいというので、私はお水飲んでました(;'∀')
f:id:lucamileagelife:20210716020335j:plain

ほかに温かいクッキーがもらえます。

部屋のカテゴリ

ダブルツリーbyヒルトン那覇では部屋のカテゴリは以下の通りです。
短時間の滞在が多いのでアサインされた部屋がどういったカテゴリなのかあまり意識していませんでした。
が最安で予約してだいたい11階にしていただけることが多かったのでプレミアムルームにアップグレードされていたようです。

客室タイプ 広さ 定員 ベッドサイズ
ゲストルーム ダブル 18~19㎡ 2名 140cm x 200cm
ゲストルーム クイーン 19㎡ 2名 160cm x 200cm
ゲストルーム ツイン 20㎡ 2名 110cm x 200cm
ゲストルーム キング 25㎡ 2名 180cm x200cm
ファミリーフォーベッドルーム 29㎡ 4名 110cm x 200cm
ゲストルーム クイーン(ユニバーサル) 25㎡ 2名 160cm x 200cm
デラックスルーム ツイン 26㎡ 3名 110cm x 200cm
デラックスルーム キング 26㎡ 2名 180cm x200cm
デラックスルームファミリーフォーベッドルーム 11・12階 29㎡ 4名 110cm x 200cm
プレミアムルーム ダブル 11・12階 18~19㎡ 2名 140cm x 200cm
プレミアムルーム クイーン 11・12階 19㎡ 2名 160cm x 200cm
プレミアムルーム ツイン 11・12階 20㎡ 2名 110cm x 200cm
プレミアムスーペリアルーム ツイン 11・12階 26㎡ 2名 120cm x200cm
プレミアムコーナー ツイン 各階 25㎡ 2名 120cm x200cm
スイート  キング 12階 51㎡ 2名 180cm x200cm

通常のスタンダードな部屋とプレミアムルームの違いは、部屋が高層階(11階・12階)ということと、部屋にネスプレッソがあること。
f:id:lucamileagelife:20210716020400j:plain

時間がないとき、ネスプレッソは便利ですよね。
お湯をわかしてインスタントコーヒーを作るより断然美味しいコーヒーがいただけますし。
お水は無料でもらえるお水をいつも使います。

プレミアムルームのお部屋の紹介

1月にデイユースで利用したときは、プレミアムルームじゃないけどデラックスルーム、通りに面したお部屋でした。
広くて快適でしたが、ネスプレッソは無し。

直近何度かはだいたい最安のダブルルーム予約から、ダイヤモンド特典のアップグレードでプレミアムルームのツインに。
f:id:lucamileagelife:20210716020411j:plain

これは別の日で配置が反対。
f:id:lucamileagelife:20210716020420j:plain
イメージはANAクラウン広島のプレミアムルームくらいです。

建物はL字になっています。
f:id:lucamileagelife:20210716020350j:plain

ラジオクロックで充電もできました。
f:id:lucamileagelife:20210716020429j:plain
ケーブルは持参品を使います。

デイユースなのでバスルームはほぼ使いません。手を洗うくらい。
f:id:lucamileagelife:20210716020454j:plain

アイロンはたまに使います。
前の日仕事から帰ってそのまま寝てしまい、朝バタバタと出発してきた場合などはこのアイロンをあてにしてシワのまま衣類をもってきたらします。
f:id:lucamileagelife:20210716020525j:plain

ネスプレッソは毎回使いました。
お水は冷やす間もなく出てしまうのですが帰りの水分補給に持って帰ってました。
f:id:lucamileagelife:20210716020451j:plain
まぁ、空港に行けばいちいちお水はカバンから出すのが結構面倒。
我が家は瀬底でもらった麻のビーチバッグに、保安検査ですぐ取り出すものをあらかじめ入れてましたね。

目的が1ステイだけなので、チェックインしてすぐ出るのも何か悪い気もして、一応部屋でもらったクッキーを食べたり、コーヒーを飲み、電話が必要な場合は電話したり、無料のWi-FiでPCを使って調べ物をしたりで1時間くらいでいつもチェックアウトです。

参考までに・デイユースの時の時間割

あくまでも我が家の場合ですが、広島から那覇は1日1往復で、到着は13時半、帰りの出発便は16時です。
なので、土日でちょっと那覇まで来るときは、

1泊2日プラン (3滞在)

【土曜】
13:30 那覇着(プレミアムクラスなら食事済、普通席はポー玉をネット予約してピックアップしレンタカーのバスへ
14:00 フジレンタカー営業所をレンタカーで出発
14:30 ダブルツリー那覇首里城でチェックイン(部屋でポー玉でお昼ご飯)
15:00 チェックアウトし、瀬底に向かう(ノンストップチェックアウト)
16:30 ヒルトン沖縄瀬底リゾート着
17:00 カクテルタイム~宿泊

瀬底まではどうしても1時間半以上かかりますが、北部なので北谷より今は感染のリスクが低いと考えます。

【日曜】
11:00 瀬底をチェックアウトし出発(ノンストップチェックアウト)
13:00 ダブルツリー那覇チェックイン
13:45 チェックアウト
14:00 フジレンタカーで返却→空港へ
16:00 那覇発広島行き

これが2泊3日の場合は

2泊3日プラン(一人先乗りしたケース) (5滞在)

2泊3日ならレンタカー会社に近いダブルツリー那覇を最初と最後にもってきて、真ん中は高速の入り口から近いダブルツリー那覇首里城をサンド。
ダブルツリー那覇は高速からのアクセスはイマイチで那覇市内の移動に時間がかかります。余裕をもった予定が必要です。

【金曜】
13:30 那覇着→レンタカーのバスへ
14:01 フジレンタカー営業所をレンタカーで出発
14:12 ダブルツリー那覇でチェックイン
    那覇市内で用事とか済ませる(取引先などへ顔出しとか) 
16:00 チェックアウトし、北谷に向かう
16:50 ヒルトン沖縄北谷リゾート着
17:00 カクテルタイム~宿泊

北谷は那覇からも割と近いですが、夕方にかかると渋滞するのと、左車線がバスレーンになるのでデイユースのほうはなるべく早くアウトして向かいます。

【土曜】
10:40 北谷をチェックアウトし出発(ノンストップチェックアウト)
11:30 ダブルツリー那覇首里城へチェックイン
12:50 ノンストップチェックアウトして空港へ(相方お迎え)
13:30 空港駐車場(30分以内なら無料)
14:35 瀬底へ向けて出発 
16:00 ヒルトン沖縄瀬底リゾート着
17:00 カクテルタイム~宿泊

ダブルツリー那覇首里城から空港へはうみそらトンネル経由が若干ですが早くアクセスできます。
しかし海沿いまでの道はそれなりに混みます。
左車線は昼時は飲食やスーパーなど左折インの車が多いので右か中央レーンを走行。
空港からは名嘉地インター経由でさっさと北部へ向かうのが最短到着です。

【日曜】
11:00 瀬底をチェックアウトし出発(ノンストップチェックアウト)
13:00 ダブルツリー那覇チェックイン
13:45 チェックアウト
14:00 フジレンタカーで返却→空港へ
16:00 那覇発広島行き

レンタカーもギリギリには返せず、予約時は那覇出発便2時間まえといわれるので結構忙しいです。
しかしコロナ禍でのデイユース利用は、食事などがない、他の人との接触もほとんどないので感染リスクは比較的低いのではないでしょうか。

次回は2泊3日の間に一泊した北谷のヒルトンのレポ予定です。

休みがとりにくい人へ!ヒルトンダイヤモンド修行にダブルツリーbyヒルトン那覇首里城でデイユースをプラス

ヒルトンの来年のダイヤモンド資格に向けて、沖縄に行ったときはヒルトンホテルグループを毎回点々としています。
ですが会社勤めでなかなか長期では滞在できないので、短い泊数にデイユースを加えて1滞在とする方法を毎年利用しています。
デイユースの活用、意外と知らない人が多いようなのでご紹介したいと思います。

f:id:lucamileagelife:20210710224234j:plain


INDEX

ヒルトン・ダイヤモンド修行とは?

ヒルトンにはWi-Fiが無料になったり、ランクアップすれば朝食が無料になる会員制度・ヒルトン・オナーズがあります。
そのなかで最上級がダイヤモンド会員で、朝食無料に加え、どんな部屋を予約してもエグゼクティブラウンジが使えたり、時にはスイートルームにアップグレードされたりします。
ダイヤモンド会員になるには、ひとつはステータスマッチなど、他の会員資格からマッチして18泊すること。
これは1アカウントで一生に一回しか使えません。
その後、維持・更新するには、さらにいくつか方法があります。
ヒルトンアメックスプレミアムカードを作り、200万円決済すると、1泊もしなくてもダイヤモンドが確定です。
もうひとつは、本来の会員取得方法で、1/1~の1年間で60泊、または30滞在することです。

私の住む広島には現時点ではヒルトンはないので、60泊は難しく、通常は他県に旅行に行って30滞在を目指すところです。
しかし今年はコロナ禍の特別措置で、泊数・滞在数が半分でいいことになっています。
15滞在なら泊まらなくてもいい、デイユースを修行に加えると比較的達成可能です。

泊数・滞在数のカウント条件

NG→同じホテルにチェックイン・チェックアウトを繰り返す

ホテル修行僧の方によく聞かれる間違い、たとえば予約を分けて同ホテルでチェックアウトしたあと、もう一度チェックインする方法はNGとなります。
二つの予約番号だったとしてもこれは連泊となり、1滞在になってしまいます。
1つのホテルで滞在数を分けるには、チェックアウト後24時間以上開ける必要があります。

NG→違うホテルに同日チェックインする

これもNGで、チェックインしたあと、チェックアウトする前に同日別のホテルにチェックインするのもNGです。
この場合は2番目のホテルがカウントされないと聞いています。(ヒルトンのカスタマーセンターに電話で確認しましたが試したことはありません)

OK→違うホテルならチェックアウト後にすぐに同日チェックインしても別滞在

たとえば土日を使った1泊旅行でその土地に行けない場合、
(土曜)Aホテルにデイユースでチェックイン→チェックアウト→Bホテルにチェックインして1泊
(日曜)Bホテルをチェックアウトし、Aホテルにチェックイン→チェックアウト
これだと、1泊(1night)3滞在(3stay)になります。
あわただしいですが、長く休めない仕事で他県にしかヒルトンが無い場合はこうして滞在数を稼ぐのが効率的です。
ちなみに、今年はなぜか、デイユースでもすべて泊数まで付いています。なぜだろう・・

ホテル代が安くてデイユースに適するホテル

短い滞在中、1日でふたつのヒルトンを回るには、同じエリアに複数のヒルトンがある必要があります。
日本国内だと
・東京(コンラッド東京・ヒルトン東京・ヒルトン東京お台場・小田原・東京ベイ・成田)
・大阪(ヒルトン大阪・コンラッド大阪)
・沖縄(ヒルトン北谷・ダブルツリー北谷・ダブルツリー那覇・ダブルツリー那覇首里城・ヒルトン瀬底)

この中で、デイユースが比較的安めのホテルが以下
・ヒルトン東京ベイ(舞浜)
・ダブルツリー那覇
・ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
デイユースでホッピングするには短時間で別のヒルトンに移動できる、というのが条件ですがこの条件に当てはまるのは上記3軒です。
ヒルトン成田は安いのですが、他のホテルに行くのに時間が少しかかりすぎますし、東京のコンラッドとお台場は移動は簡単ですが値段が高く、デイユースには費用がもったいない感じです。
大阪も同様でホテル代が高いのでデイユースでは費用がかさみます。

こうしてみると沖縄は飛行機移動が必須で遠いですが来てみれば安いホテルもあり、移動も車を使えば比較的簡単です。
私は昨年まではよく東京でヒルトンのホッピングをしていましたが、荷物をもって電車で移動するのは結構大変(;'∀')

ダブルツリー那覇首里城がダイヤ修行に最適な理由

空港からはちょっと遠いけど沖縄でのホッピング修行にとっても便利なダブルツリーbyヒルトン那覇首里城。
車がある場合は高速の那覇インターに近いので、中部の北谷のダブルツリーやヒルトン、もうちょっと北の瀬底に行くにも便利なんです。
旭橋のダブルツリーでもいいのですが、車があれば、高速が使いやすい首里城のダブルツリーのほうが他のヒルトンに移動はしやすいです。
また、旭橋は対面でしかチェックアウトができないのに対し、首里城のダブルツリーはノンストップチェックアウトが使えます。
ノンストップチェックアウトはほとんどのヒルトンで採用されていますが、チェックインの時に手続きしておけば、ホテルを出るときは鍵をフロントにあるボックスに返すだけで、フロントのカウンターに立ち寄ることなくチェックアウトできるしくみ。
ダブルツリー那覇首里城もフロントのカウンター前にボックスが用意されています。滞在中の飲食などの追加課金とホテル代は、チェックインの時に提示したクレジットカードに課金されます。
f:id:lucamileagelife:20210710223827j:plain

なので最短では、入ってすぐに出ることも可能です。私は一応部屋に入って一休みはしていきますが、平均すると30分~1時間程度の滞在です。

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城の概要

公式サイト
doubletree-shuri.hiltonjapan.co.jp

地図はこちら

那覇空港や空港周辺のレンタカー会社からは車で20~30分程度の距離です。
ゆいレールで行くと以前はシャトルバスのサービスがありましたがこれは終了してしまったようです。小高い丘の上にあるのでゆいレール駅下車でホテルを目指す方はタクシー利用が無難。

デイユースで利用できる部屋

デイユースで予約を入れる場合は、アプリやPCサイトでチェックインとチェックアウトを同じ日にすると出てきます。

選択できる部屋はツインプレミアムルームのみ。

料金もデイユース料金一択のみで、HPCJの25%オフなどは使えません。
料金検索すると日によって幅があり、最安は3750円、最高が7250円で税・サ別です。
このホテルは宿泊も安いので料金に関しては泊まれる日程的な余裕があれば泊まるのとデイユース、それほど金額差は無いのが現状です。
沖縄在住やリモートワーク、ステイケーションなどで時間に余裕がある方はデイユースを利用するメリットは逆にほとんどないと思います。

あくまでも、デイユースは、時間が無いけど滞在数が欲しい、
1泊2日で3滞在、または2泊3日で5滞在、みたいな目的の人に向いている利用方法です。

いつも部屋はゆったり広くて出窓があるので解放感があります。
f:id:lucamileagelife:20210710224222j:plain

一度だけ山側の部屋になりました。
こちらの眺めも悪くありません。
f:id:lucamileagelife:20210710224218j:plain

通常はプールのある側の眺めになります。
f:id:lucamileagelife:20210710223849j:plain

チェックインは時間がけっこうかかる

フロントスタッフの人数が日によっては少なく、チェックインの列が列のことが多いので、チェックインに時間がかかる印象です。
f:id:lucamileagelife:20210710223808j:plain
チェックインは私はノンストップチェックアウトを申し込むのでカードの提示、サイン、あと、おなじみの温かいクッキーがもらえます。

私はほかのホテルからの移動の昼頃とか、飛行機が到着したあとの15時頃とかが多いのですが、毎回列に並んで待つ時間が長く感じます。
会員の優先レーンはあってないような感じになっています。1~2組のお客様でも立って待つのは時間が長く感じるのかも。
このホテルにはエグゼクティブラウンジはありません。

出るときはエクスプレスチェックアウトができるから早いんですけどね。

感染対策はチェックインの時に並んでいる間に検温などがあります。手指の消毒も。
エレベータの中でもボタンを触る前と後、消毒ができます。
f:id:lucamileagelife:20210710223949j:plain
   

エリート特典

ダイヤモンドの特典はウェルカムドリンクがレストランでいただけること、ハッピーアワーが昼間の時間帯にあることなど。
f:id:lucamileagelife:20210710224209j:plain
ハッピーアワーもウェルカムドリンクもレストランでの提供です。
一度スタッフに「デイユースでは使えません」といわれましたが、その後泊まった時は大丈夫ですと言われました。

次のホテルにすぐ行くことが多く、あまり利用したことがないのですが、この日は暑く、部屋の冷蔵庫で何か冷やす時間もなかったので飲み物をレストランでいただきました。
f:id:lucamileagelife:20210710224155j:plain

この日は緊急事態宣言下で私以外のお客さんがお昼時なのにゼロ。。
f:id:lucamileagelife:20210710224151j:plain

ちなみに、デイユースは基本9時ー18時なのですが、このホテルの朝食時間は9時半まで。
9時にインしたお客様には混雑状況にもよるとの前置きですが朝食をおすすめするとのことです!なんと太っ腹なのでしょうか。

お部屋の設備など

ふたたびお部屋の紹介です。
ゆったりしたツインルームです。数年前にデイユースを利用したときはコンパクトツインで狭かったですが、現在はアサインされる部屋はずっとプレミアムツインルームです。
f:id:lucamileagelife:20210710223929j:plain
もともとの予約がこの部屋なので、当たり前といえば当たり前ですが。

ホテルのサイトで確認すると、デラックスツインとかプレミアムツインとか普通のツインがあるようですが違いは階層のようで、プレミアムルームは15-18階の高層階ということでした。
デラックスルームは12階と14階。
普通のツインは11階以下ということのようです。

窓際にはアクセントカラーのチェアとテーブル。空港で買ってきたポー玉を部屋で食べました。
f:id:lucamileagelife:20210710223853j:plain

出窓はあまり近づくと隣の人と目があいますww
f:id:lucamileagelife:20210710223800j:plain

冷蔵庫は部屋に入った時冷えてないので、短時間の滞在ではプレゼントされるお水が全く冷えず。
f:id:lucamileagelife:20210710223822j:plain

バスルームの洗面。
f:id:lucamileagelife:20210710223738j:plain

アメニティです。
f:id:lucamileagelife:20210710223910j:plain

だいぶ前ですがプロ野球キャンプ時期に来たときにヤクルトの選手がとまっていました。
そのころはホテル内にコンビニがありましたが今はなくなっていて、買い物などはちょっと不便です。
www.lucamileagelife.net

次回はもう一つのデイユース、旭橋のダブルツリーを紹介したいと思います。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート④エグゼクティブルーム・オーシャンビューのちょっと広めのお部屋

ヒルトン沖縄瀬底リゾートは沖縄のヒルトンの中でも比較的宿泊費用が高めだと思います。
スタンダードルームの必要ポイントは8万ポイント、最安ルームの有償の価格は夏場は4万円くらいでしょうか。
(シーズンオフは2.5万円くらい?)
なのでスイートルームはまだ未経験ですが、現実的な予算で宿泊するならエグゼクティブルームです。
エグゼクティブルームの中でも他の部屋に比べて少し広い部屋があったので前日のアプリチェックインで選んでみました。

f:id:lucamileagelife:20210709065626j:plain


INDEX

ヒルトン沖縄瀬底リゾートのこれまでの記事です。
お時間があればご覧ください。
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net

今回は1回目の宿泊で2階に泊まった時、やっぱり高層階がいいなぁ!と思ったので最上階9階のエグゼクティブルームに泊まりました。
泊まりました、といっても、予約はスタンダードルームで、ダイヤモンド会員の特典としてエグゼクティブルームに事前アップグレードがあったので泊まれただけなのですが。

予約と部屋選び

まだハイシーズン前で宿泊費も安かったので、ポイント泊じゃなく最安ルームの予約をしました。
f:id:lucamileagelife:20210710030522j:plain
しかし前日遅い時間にヒルトンアプリをみると、エグゼクティブルームにアップグレードされています。
f:id:lucamileagelife:20210710030300j:plain

いつもならアプリのオファーはそのままにしておき、当日チェックインで部屋を選んだりしていますが、ここに限っては朝6時のチェックイン時間に即部屋選びです。

ちなみに、ヒルトンのアプリでは、
・ホテルからの無償アップグレードは前日~当日午前くらいとホテルによって幅がある
・一度自分で部屋を選ぶと基本ホテルはあまりいじれない
・部屋は自分で選べる場合と選べない場合がある

こんなところです。

アプリで選択できるところには青い〇がついていますが、細長い金太郎飴的な部屋がほとんどの中、エグゼクティブラウンジの両横のお部屋はちょっと広そうです。
f:id:lucamileagelife:20210713014609p:plain
実際に部屋に入ってドア裏の非常口マップの記載はこんな感じです。
f:id:lucamileagelife:20210709065539j:plain

9階エグゼクティブルームの中でも広めのお部屋

実際に部屋に入ってみるとフローリングの清潔な床が広がるほんとに広々とした空間があります。
f:id:lucamileagelife:20210709065607j:plain

ほかの部屋には小さなテーブルですが、この部屋には4人でゆったりできるソファと椅子と大き目のテーブルがあります。
ご家族連れにおすすめです。
f:id:lucamileagelife:20210709065554j:plain

エグゼクティブルームに向かって左と右で部屋のインテリアも対称になっています。
こちらはエグゼクティブラウンジの(海に向かって)右側の部屋です。
f:id:lucamileagelife:20210709065548j:plain

エレベータやラウンジの入り口に近いのは左側のほうで、お部屋の家具配置はこんな感じです。
f:id:lucamileagelife:20210709065623j:plain

ソファの横にも壁付けにコンセントがあり、ここから電源とったりできますが、壁付けの下のほうにあるコンセントにバッテリーとか挿すと非常に忘れやすいので気を付けてください。
f:id:lucamileagelife:20210709065639j:plain

2階のアウトバス付のお部屋にはなかった室内のバスタブがありました(安心)
f:id:lucamileagelife:20210709065531j:plain

エグゼクティブルームなのでネスプレッソが置いてあります。
無料のお水は会員用に用意されています。
f:id:lucamileagelife:20210709065514j:plain

お部屋からの眺め

いつも沖縄ではあまりお天気に恵まれなかったのですが、この日は日差しがもらえました。
f:id:lucamileagelife:20210709065653j:plain
ちなみにこの日は宿泊しているたくさんの人がバルコニーから海を眺めていました。

窓から見えるのはプール、そして遠くに瀬底ビーチ。くらげよけのネットが設置されているのでまだ緊急事態宣言前です。
沖合に見えるのは水納島です。こちらの眺めはラウンジ横左の部屋1924号室です。
f:id:lucamileagelife:20210709065629j:plain

別の日の、ラウンジ右横の部屋1917号室。水路が掃除中で水が無い状態。なおかつ、ビーチは遊泳禁止期間でくらげよけのネットがありません。
f:id:lucamileagelife:20210709065511j:plain

ホテルの形がゆるやかなブーメラン型なのですが、一番海に近い先端はやはりスイートルームなので次回はチャンスがあればスイートに泊まってみたいです。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート③エグゼクティブラウンジとアマハジの朝食、ダイヤモンド会員の特典等

2021年5月、6月に宿泊したヒルトン沖縄瀬底リゾートのエグゼクティブラウンジのカクテルタイムの様子や、1階のレストラン「アマハジ」で提供されている朝食についてのご紹介記事です。
ダイヤモンド特典の特別メニューありです!

f:id:lucamileagelife:20210704012719j:plain


INDEX

ホテルまでのアクセス方法や泊まったお部屋(アウトバス付エグゼクティブルーム)の紹介記事は恐れ入りますが過去記事をご覧いただければ嬉しいです。
www.lucamileagelife.net
www.lucamileagelife.net

ラウンジやレストランの稼働状況について

私が宿泊したときは緊急事態宣言が出る前と出た後、でしたが、レストランで稼働していたのはビュッフェレストランのアマハジだけ。
そこもランチは土日だけとか、エグゼクティブラウンジは途中からお酒の提供がなく、ビーチは遊泳禁止など、制約の多い時期でした。
最新版のホテルの営業時間の情報は以下で、現在7/11までの稼働について書かれています。
https://sesoko.hiltonjapan.co.jp/pdf/restaurants/SESOKO_restaurants_information.pdf
本日、沖縄県の緊急事態宣言が8/22まで延長されると決まったので、ご旅行のご予定がある方は悩まれていることかと思います。

現時点での7月予定によると、ステーキ&シーフードのお店がいよいよ7/1からオープン!
イタリアンも7/14からオープンするみたいですね。
私が行ったときは結婚記念日も夫の誕生日もレストランでは食事できなかったので、今から行かれる方がうらやましい!
ただ、まだアルコール提供はルームサービスのみに限定されているようです。

エグゼクティブラウンジの概要

エグゼクティブラウンジはホテル最上階の9階のセンター部分にあり、海を臨むロケーションです。
ヒルトン北谷はラウンジが海側ではありませんが、このホテルのエグゼクティブラウンジは海を真正面に見る最高のロケーション。

9階までのエレベーターにはセキュリティがあり、9階と2階のエグゼクティブフロア宿泊者やダイヤモンド会員、スイートルーム宿泊者などのルームキーでないとエレベータの9階ボタンが押せません。
ラウンジの利用条件は以下。

・エグゼクティブフロアの宿泊者
・エグゼクティブフロアにアップグレードされた宿泊者
・ダイヤモンド会員(宿泊ルームは問わず)
・スイートルーム宿泊者

ラウンジの入り口。手指消毒と検温があります。
f:id:lucamileagelife:20210707041639j:plain

カクテルタイム以外の御10時から16時半までは無人です。
コロナじゃない世の中ならここで快適にチェックイン・チェックアウトができたのでしょう。残念です。
f:id:lucamileagelife:20210704012639j:plain
広々した席配置で、主に右奥に座席が配置されています。
f:id:lucamileagelife:20210707041717j:plain

窓際席も人気でしたが、奥まった席も人は少な目でゆっくりできそうです。
f:id:lucamileagelife:20210707041701j:plain

家族連れによさそうなソファ席。
f:id:lucamileagelife:20210707041711j:plain

昼間はアフタヌーンティーはありませんがスナックがいろいろおいてあり、自由にいただくことができます。
f:id:lucamileagelife:20210707041727j:plain
f:id:lucamileagelife:20210707041714j:plain
f:id:lucamileagelife:20210704012841j:plain

行くたびに天気が悪かったのですが、オーシャンビューです。天気がよくていい季節ならテラス席は最高に気持ちよさそう。
f:id:lucamileagelife:20210707041635j:plain

珈琲や紅茶はセルフですが自由にいただけます。
ビールサーバーはカクテルタイムのみ?
f:id:lucamileagelife:20210704012546j:plain

紅茶はディルマのt-シリーズ。
f:id:lucamileagelife:20210707041724j:plain

ソフトドリンクは缶が中心。
f:id:lucamileagelife:20210704012447j:plain

昼間の時間帯は1泊2日程度だとなかなか利用する機会がありませんが、おやつを食べたりドリンクをいただいてのんびり海を眺めたり、ゆっくりできるラウンジでした。

エグゼクティブラウンジのカクテルタイム

当日、空港からレンタカーなどで移動してきた場合は時間帯によっては間に合わないかも?な17時-19時のカクテルタイム。
当初はお酒がふるまわれていましたが、現在はアルコール提供は一時的に停止されています。
しかしこの時期泊まった時は部屋にフルボトルのワインがつけてもらえました。(選択肢はオリオンビールかワインでした)

最初の頃に出ていたアルコール。
f:id:lucamileagelife:20210707041858j:plain
f:id:lucamileagelife:20210707041929j:plain

オリオンビールのサーバーです。
f:id:lucamileagelife:20210707041932j:plain

タパスは使い捨ての手袋を使用してマスクでお皿を取る形です。
f:id:lucamileagelife:20210704011708j:plain
f:id:lucamileagelife:20210704174128j:plain
f:id:lucamileagelife:20210707041910j:plain

揚げ物がある日も。
f:id:lucamileagelife:20210704012541j:plain
f:id:lucamileagelife:20210704014755j:plain

デザートもいろいろありました。
f:id:lucamileagelife:20210704014722j:plain

スープもあるし、小食な人なら十分夕食の代わりになります。
f:id:lucamileagelife:20210705210343j:plain

ラウンジからの眺め

私が行ったときは毎回お天気が悪かったのですが、海の色は不思議なくらい綺麗なんですよね。
f:id:lucamileagelife:20210704011728j:plain

レストラン「アマハジ」の朝食

現在エグゼクティブラウンジでは朝食提供はなく、ランチやディナーでもビュッフェが提供される「アマハジ」というレストランで朝食ビュッフェが提供されました。
レストランはエレベーターで1階に降りて(ロビー階は2階なのでそのまだ1つ下のフロア)、エレベータを降りたら、左奥に行くとあります。
f:id:lucamileagelife:20210707042156j:plain

受付があり、検温や手指消毒のあと、部屋番号を伝え、席に案内されます。
f:id:lucamileagelife:20210707042456j:plain

初めて行ったときはハワイフェアでサーフボードなどが飾られていました。
f:id:lucamileagelife:20210707042210j:plain

次に行ったときはチャイニーズフェア。
f:id:lucamileagelife:20210707042243j:plain

入り口からかなり奥まで席があり、エグゼクティブルームやダイヤモンド会員は奥まった眺めの良い席が専用エリアとして用意されていました。
f:id:lucamileagelife:20210707042315j:plain
(モエは期間限定で、朝食じゃなく11時からのプールサイドでいただけたそうです)
f:id:lucamileagelife:20210707042250j:plain

奥まで行くと逆にドリンクが遠くなるせいか、エリアの一角にドリンクコーナーが設けてありました。
f:id:lucamileagelife:20210704081938j:plain

夏場はちょっと暑いけど、朝のうちなら外のテラスもプールサイドでお勧めです。
f:id:lucamileagelife:20210707042231j:plain

料理は一般的な和食・洋食のビュッフェです。人が多くてあまり写真を撮っていません。
ある日の私の朝食メニュー。
f:id:lucamileagelife:20210707042352j:plain
(目玉焼き両面焼き)

カレーも有り。
f:id:lucamileagelife:20210704014742j:plain

ダイヤモンド会員特典の特別メニュー

ダイヤモンド会員特典として専用の特別メニューがあるのですが、毎回案内を忘れられていました。
初滞在のときは卵料理をライブキッチンでいただいた後、メニューをもってこられたのであまり食べられず。
存在は知っておいたほうが良いです。遠慮なく、メニューを見せてくださいと言いましょう。
主に卵料理のバリエーションです。
f:id:lucamileagelife:20210707042330j:plain

アイランドエッグベネディクトはスパム入りのエッグベネディクトです。
f:id:lucamileagelife:20210707042346j:plain

エッグベネディクトのロワイヤルはスモークサーモン入り。
f:id:lucamileagelife:20210707042336j:plain

スパニッシュオムレツはかなりのボリュームなので要注意です。美味しいけど!
f:id:lucamileagelife:20210707042153j:plain

クロックマダムです。
f:id:lucamileagelife:20210707042234j:plain

正直盛り付けはもうちょっと頑張ってほしいなぁ!と思いますがおいしくいただいてます。

我が家はどこのヒルトンに行っても、エグゼクティブラウンジで静かに食べるのが好きなのですが、開いてないのでしかたなく、、しかしスタッフのおひとりには名前を覚えてくれた方がいて、通うのが楽しみになりました。

いろいろな特典を受けるには

ヒルトンは会員制度があり、誰でも無料で入会できます。
これだけでも宿泊のポイントがもらえたり、Wi-Fiが無料で使えたりします。
そして宿泊を重ねてゴールド会員になると朝食が2名分無料。
ダイヤモンド会員になるとラウンジ利用が特典としてついてきます。

それぞれたくさんの宿泊が必要な資格ですが、今年に限っては必要宿泊数などが半分でいい措置がとられています。
また、少し前にヒルトンアメックスカードができて、2種類のどちらのカードもゴールド会員から、HPCJの無料入会や、今現在はアメックスオファーでヒルトンで40000円使ったら8000円キャッシュバックがおすすめ。
ダイヤモンド会員も決済だけでなれるので、ヒルトン好きな人にはお勧めのカードです。

なかなか完結しませんが、次回も瀬底シリーズが続きます。